みらい研究所
  • 先生・保護者の方へ
  • みらい研究所マップ

みらい調査科

調査レポート

海に生える木があるって本当ですか。
マイちゃん(10才)

マングローブの特長(とくちょう)

世界中の暑い地方で見られる。 川の水と海水がまざり合うところに生える。 マングローブのしゅるいは、なんと100以上(いじょう)!
所長のことば
日本でも沖縄県(おきなわけん)や鹿児島県(かごしまけん)といった暑い地方の海辺(うみべ)で見られますよ。
所長のことば
潮(しお)が満(み)ちてくると、まるで海の中に生えている森のように見えるんですよ。
ベンのことば
海水でも生きていける木がそんなにたくさんあるんだ!おどろいたねー。
このページの先頭へ

マングローブは、人々や生きものにとって大切な役割をはたしているんだな。
そのことについても知っておこうぜ!

マングローブの大切な役割

生きものの命をささえる。 人々のくらしをささえる。 地球温暖化(おんだんか)を防止(ぼうし)する。
所長のことば
マングローブの根元には、たくさんの小魚やカニなどが集まります。さらにそれをエサにする水鳥やワニなども集まってくるんですよ。
所長のことば
マングローブのおかげで魚がとれるし、津波(つなみ)や洪水(こうずい)などから、人々のくらしも守ってくれるんですね。
所長のことば
マングローブは地球温暖化の原因(げんいん)になる二酸化炭素(にさんかたんそ)を、たくさんすってへらしてくれるんですよ。
ベンのことば
マングローブのおかげで、いろんな生きものが生きていけるんだな。
ベンのことば
ニュースで見たけど、インドネシアのスマトラ沖(おき)で大地震(だいじしん)があったとき、マングローブが津波を防いでくれたんだぜ。
ベンのことば
地球温暖化を止めるために、マングローブを植えてふやしたり、林を守ることが大事なんだな。
今回のまとめ 海水でも育つマングローブは、人間・植物の生活を守り、地球温暖化防止にも役立っている!
このページの先頭へ

2007年9月作成

調査レポートいちらんへもどる