みらい研究所
  • 先生・保護者の方へ
  • みらい研究所マップ

みんなの授業科

「ぼうさい授業」ってなに?

地震(じしん)や津波(つなみ)について勉強しながら、地震が起こった時の行動や、日頃の備えについて考える授業ですよ!

日本ではこれまでたくさんの大きな地震や津波が起こっていますが、地震や津波がどのように起こるか知っていますか?災害(さいがい)が起こったときのひなん場所や準備(じゅんび)するものを家族で話し合っていますか?
この授業では、地震や津波がおこるしくみなどを、クイズや動画を見ながら勉強します。この授業をきっかけに、いざというときに自分の身を守る力をつけて、友だちや家族にも教えてあげましょう!

みんなの感想

地しんや津波のしくみがよくわかりました。津波はいきおいよくやってきて、家や車が流されたりするので、こんど海のちかくで地しんが来たら、すぐに高いところにひなんしようと思いました。また、日本で起きた津波がチリのほうまでいくなんてビックリしました。 地しんがおこったときのために、なにを準備すればいいかということがよくわかりました。家に帰って非常持出ぶくろの中身をかくにんしたり、どこにひなんするか話し合いました。家族と話し合うきっかけになりました。 一番大切だと思ったことは「自分の身は自分で守る」です。あと、助け合うことも大切だと思いました。助け合えばさいがいを乗り切れると思いました。これからは習ったことを生かして、訓練したり、本当にあったときに思い出して自分の身を守ろうと思います。

ぼうさい授業実施校数

2016年は64回のぼうさい授業をおこないました。 東北地方:2回 関東地方:36回 中部地方:7回 近畿地方:13回 中国地方:4回 四国地方:1回 九州地方:1回

防災(ぼうさい)・減災(げんさい)について、もっと知りたい人は…

防災・減災に役立つ知識(ちしき)を紹介(しょうかい)しています。クイズやゲームもありますよ!

先生・保護者の方へ

東京海上日動では、東日本大震災等の教訓を踏まえ、小学生向けの防災啓発プログラム「ぼうさい授業~地震・津波編~」をご用意しています。