ホームマングローブの基礎知識

  • 漁村の水路の懸垂根

  • デルタの水路をつくる支柱根

  • 放射状に広がる気根

  • ニッパヤシの実

  • 自然林の海岸で育つ支柱根

  • 自然の森で育つ幼木

  • 砂浜から沖へ向かう幼木群

  • 入江の奥で育つ幼木

  • オヒルギの胎生種子

  • 池の土手で育つ胎生種子

熱帯・亜熱帯地域の淡水と海水が混ざり合う場所に生育し、たくさんの種類が存在します。

マングローブの基礎知識

マングローブは、熱帯・亜熱帯地域の淡水と海水の混ざり合う場所に生育している植物の総称です。その種類は未確定ながら約110以上あるといわれることもあります。環境条件の違いによって種類や大きさが異なります。花や葉、根に特徴がある種類が多く、中には種子が果実の中で発芽・成長する種類もあります。