「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」等の先進医療からの削除(見込み)について

団体総合生活保険および総合生活保険の
総合先進医療特約(医療用)・医療費用補償特約のご契約者様・ご加入者様へ

今般、2020年度の診療報酬改定に向けて、厚生労働省により先進医療に関する検討が行われ、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」および「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」について、2020年4月1日より先進医療から削除される見込みとなりました。
(他の技術についても先進医療から削除される可能性があります。最終的な決定は2020年3月の厚生労働省告示をもってなされる見込みです。)

当社の総合先進医療特約(医療用)および医療費用補償特約では、公的医療保険制度における評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療を保険金のお支払対象としており、療養を受けた時点で承認取消等により先進医療でなくなっている場合は、当該療養にかかわる技術料についてはお支払対象となりません*。

そのため、2020年3月末で先進医療から削除された医療技術は、ご契約日にかかわらず、2020年4月1日以降に受療されても当該療養にかかわる技術料については保険金のお支払対象外となります*ので、ご留意ください。
お客様が受けられる治療が、先進医療に該当するかにつきましては、治療を受けられる前に、医師に必ずご確認いただきますようお願いいたします。


先進医療の対象となる医療技術やその適応症、実施している医療機関等に関する最新の情報につきましては、厚生労働省のホームページをご確認ください。

先進医療の概要について(厚生労働省ホームページ)

以上