To Be a Good Company

1.損害賠償責任に関する補償

保険金をお支払いする場合

次の事由について、被保険者(保険の補償を受けることができる方)が法律上の損害賠償責任を負担することによる損害を補償します。*1*2*3*4

  • 1.
    IT業務や記名被保険者の業務におけるコンピュータシステムの所有・使用・管理等(ITユーザー行為)に起因して発生した次のいずれかの事由
    • (1)
      他人の事業の休止または阻害
    • (2)
      他人のデータまたはコンピュータプログラムの滅失または破損
    • (3)
      人格権侵害
    • (4)
      著作権の侵害
    • (5)
      その他の不測の事由による他人の損失の発生
  • 2.
    情報の漏えいまたはそのおそれ
  • *1
    保険金をお支払いするのは、損害賠償請求が保険期間中になされた場合に限ります。
  • *2
    日本国外で発生した他人の損害について、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害も補償対象となります。日本国外での損害賠償請求、日本国外の裁判所に提起された損害賠償請求訴訟も補償対象となります。
  • *3
    情報漏えい限定補償プランにご加入いただくことで、情報漏えいまたはそのおそれに限定して補償することができます。
  • *4
    日本国内における業務に起因してサイバー攻撃を受けたことにより発生した、他人の身体の障害または他人の財物の損壊・紛失・盗取・詐取についても、オプションで補償することができます。ただし、保険金をお支払いするのは、日本国内で発生した事故について、保険期間中に損害賠償請求がなされた場合に限ります。

お支払い対象となる損害

次の損害に対して、保険金をお支払いします。

  • 1.
    法律上の損害賠償金
  • 2.
    賠償責任に関する訴訟費用・弁護士費用等の争訟費用
  • 3.
    弊社の要求に伴う協力費用
  • 1については、設定した支払限度額の範囲内で、その合計額から免責金額を控除した金額をお支払いします。
  • 1~3までのすべての保険金を合算して、設定した保険期間中の支払限度額が限度となります。

保険金をお支払いしない主な場合

次の事由により生じた損害については、保険金をお支払いできません。保険金をお支払いできない場合の詳細については、約款の「保険金を支払わない場合」等の項目をご参照ください。

  • ご契約者または被保険者の故意
  • 戦争、変乱、暴動、騒じょう、労働争議
  • 地震、噴火
  • 被保険者と他人との間に損害賠償に関する特別の約定がある場合において、その約定によって加重された賠償責任

事故例

  • 感染したコンピュータシステムのデータをUSBメモリで取引先に提供したところ、取引先のコンピュータも感染し、データを消失させた。
  • 顧客の個人情報が記録・管理されていたサーバーに社外の者が不正アクセスし、3,000人分の個人情報が盗まれた。数日後、一部の顧客からプライバシーの侵害を理由に損害賠償を請求された。
  • システム設計を請け負い完成したシステムを納品したところ、設計の過誤によりシステムが停止してしまった。納品先企業が休業となり、損害賠償請求訴訟を提起された。