みらい研究所
  • 先生・保護者の方へ
  • みらい研究所マップ

みんなの授業科

「みどりの授業」参加校募集

東京海上日動では、子どもたちが楽しみながら「地球環境保護」や「マングローブ」について学べるプログラム「みどりの授業」をご用意しています。未来を担う子どもたちにとって、この「みどりの授業」が、これからの地球のために自分でできることを考える、そのきっかけになれば幸いです。

「みどりの授業」の概要

対象:小学校4~6年生、特別支援学校
テーマ:マングローブ植林を題材とした地球温暖化防止・生物多様性について
講師:東京海上グループの社員・代理店がボランティアで担当
所要時間:90分(2時限分)または45分(1時限分)
形式:教室で「講義+対話」形式で実施
ご用意いただくもの:パソコン・プロジェクターをお借りします
企画・運営:東京海上日動火災保険株式会社

「みどりの授業」の特色

  1. 1. 1999年から弊社が取り組んでいる「マングローブ植林」をテーマに、マングローブの特徴・人々との関わりを学んだ上で、子どもたちが身近に取り組める温暖化防止策について話し合い・発表してもらいます。
  2. 2. 授業ではマングローブの鮮やかな映像に加え、植林体験者の体験談なども取り入れます。子どもたちには実際にマングローブの種や苗に触れてもらいます。
  3. 3. 2017年3月末までに全国延べ約760の小学校・特別支援学校等で、51,700名以上の児童・生徒の皆さんに授業を受けていただきました。

児童や先生からお寄せいただいた感想

児童
実際に種やなえをさわってみて、とても楽しかった。ビデオもあってとても分かりやすい内容だった。
マングローブという名前は知っていたけど、どんな植物かは知らなかったので知ることが出来てよかった。自分たちも出来ることから色々なことをやっていきたいです。
環境を守るためにマングローブが必要なのでもっと増えてほしいと思いました。自分はそういうことが出来ないので、生活で節電などに取り組みたいと思います。
先生
美しい映像と音楽に加え、分かりやすい解説をしていただき生徒たちは興味深く聞いていました。特に植物と人との関わりについて、生徒たちが興味を持った様子だったので、翌週にもう一度復習しました。一般論となりがちな、植物と人との関わりについて、具体的な事例で説明していただけてよかったです。
映像やクイズなどの工夫が良かった。グループ活動により自分たちでしっかり考えることができた。
熱帯・亜熱帯の植物であるマングローブは、あまり身近ではなく、興味を持ちづらいものでしたが、授業を通してマングローブの働きを知ることにより、自分たちで出来ることはないか?などと考えようとする気持ちや態度が見られるようになった。

募集要項

2017年度の募集要項については、2017年6月より順次掲載いたします。

お問い合わせ先

東京海上日動火災保険株式会社 経営企画部 CSR室 みどりの授業事務局
東京都千代田区丸の内1-2-1
TEL: 03-5223-1552
FAX: 03-5223-3025

このページの先頭へ