東京海上日動は、東京海上グループの一員として、「CSR(企業の社会的責任)」を果たします。

東京海上グループのCSR

東京海上グループにとってCSRは、「経営理念の実践そのもの」です。「東京海上グループCSR憲章」に基づき、経営理念を実践していくことを通じて、社会課題の解決、企業価値の向上、グループ全体の持続的成長を図ることにより、安心・安全で持続可能な未来に貢献することを目指しています。

東京海上グループのCSR活動

東京海上グループのCSR主要課題や、グループ各社の具体的なCSR活動は、東京海上ホールディングスWEBサイトでご覧いただけます。

関連情報

  • Green Gift

    東京海上日動では「お客様とともに環境保護活動を行うこと」をコンセプトに、「Green Gift」プロジェクトを通じて地球環境保護に取り組んでいます。

    • お客様に「ご契約のしおり(約款)」等を紙の冊子ではなく、ホームページ上で閲覧いただく「Web約款」等をご選択いただくことにより、紙資源の使用量を削減。
    • 紙資源使用量削減額の一部の寄付を通じて、マングローブ植林をはじめとした国内外の環境保護活動をサポート。

「UK Modern Slavery Act 2015」に関する声明

東京海上日動は、2015年英国現代奴隷法への対応として、「Slavery and Human Trafficking Statement for the fiscal year 2015(2015年度奴隷労働および人身取引に関する声明)」を公表しています。

Slavery and Human Trafficking Statement for the fiscal year 2015

2015年度 奴隷労働および人身取引に関する声明(仮訳)

関連リンク

東京海上グループの使命~東日本大震災への対応~
東京海上グループは、被災地の復旧・復興にグループの総力を挙げて取り組んでいます。
  • 別ウィンドウ(東京海上ホールディングスWEBサイト)で表示されます。
地球温暖化対策計画
東京海上日動は、各地方自治体の条例に基づき、地球温暖化対策に関する計画書を作成し、各地方自治体に提出しています。
東京海上研究所
東京海上日動のグループ会社「東京海上研究所」では、保険および国内外の経済・金融等に関する調査・研究を行っています。
三菱アジア子ども絵日記フェスタ
東京海上日動が参加している三菱広報委員会では、アジアの相互理解を目的として、1990年より「アジア子どもアートフェスティバル アジアの子供たちの絵日記展」を支援しています。