サイバー関連の各種損害を包括的に補償します。商品のポイント サイバーリスク保険は、セキュリティ事故に起因して発生した各種損害を1つの保険で包括的に補償します。(1)損害賠償責任に関する補償(2)サイバーセキュリティ事故対応費用に関する補償(3)ネットワーク中断に関する補償(オプション)

サイバーリスク保険の特長

特長1 包括的な補償 セキュリティ事故*に起因して発生した各種損害を1つの保険で包括的に補償します。 特長2 不正アクセス等の”おそれ”に対応する調査費用も補償 不正アクセス等の発見時の各種対応費用だけでなく、不正アクセス等の”おそれ”が発見された時の外部機関への調査依頼費用も補償します。 特長3 再発防止費用や、情報システムの復旧費用(オプション)も補償 セキュリティ事故*の再発防止のために支出する費用や、セキュリティ事故*により情報システムが損傷した場合の修理費用等についても補償します。 特長4 海外でなされた損害賠償請求も補償 海外でなされた損害賠償請求についても補償します。 特長5 IoT機器への対応 IoT機器への不正アクセスやIoT機器から情報が漏えいした場合等の各種損害も補償します。 特長6 利益損害・営業継続費用も補償(オプション) ネットワークの中断による自社の利益損害・営業継続費用についても補償します。 特長7 サイバーリスク総合支援サービスのご提供 保険による補償とは別に、「サイバーリスク総合支援サービス」がご利用いただけます。

補償内容

サイバーリスク保険は、セキュリティ事故*に起因して発生した各種損害を1つの保険で包括的に補償します。

サイバーリスク保険の3つの補償 1.損害賠償責任に関する補償 自社ネットワークの所有・使用・管理等に起因して発生した不測の事由による他人の損失の発生や情報漏えい等について、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。 2.サイバーセキュリティ事故対応費用に関する補償 情報漏えいや不正アクセス等に起因して一定期間内に生じた不正アクセス等対応費用・再発防止費用等や訴訟対応費用を被保険者が負担することによって被る損害を補償します。 3.ネットワーク中断に関する補償(オプション) 不測かつ突発的なネットワークの操作、データ処理の過誤または不正アクセス等に起因して、ネットワークを構成するIT機器等が機能停止することによって生じた記名被保険者の(1)利益損害、(2)営業継続費用を補償します。 4.サイバーリスク総合支援サービス 保険による補償とは別に、総合支援サービスを提供します(一部、ご契約者様以外でもご利用可能)。

1.損害賠償責任に関する補償 詳細はこちら 別窓で開きます。

2.サイバーセキュリティ事故対応費用に関する補償 詳細はこちら 別窓で開きます。

3.ネットワーク中断に関する補償(オプション) 詳細はこちら 別窓で開きます。

4.サイバーリスク総合支援サービス 詳細はこちら

補償プラン・保険料

1.支払限度額・保険金額

次の金額を上限として設定します。

2.保険料例

保険料は、売上高を基準に算出され、業種、支払限度額、免責金額(自己負担額)などによって決定します。補償プランにつきましては、業務内容などを勘案し、個別にご提案させていただきますので、お近くの代理店または営業店までお問い合わせください。
なお、下記例は各種割増引適用前の標準的なケースであり、実際の保険料は、下記と異なる場合があります。

  損害賠償責任
支払限度額
(1請求/保険期間中)
サイバーセキュリティ
事故対応費用
支払限度額*
(1事故/保険期間中)
保険料
年間売上高:100億円
教育機関
3億円/3億円 1億円/1億円 約176万円
年間売上高:100億円
インターネット小売・
通信販売事業者等
3億円/10億円 1億円/1億円 約166万円

3.保険期間

保険期間は1年間です。

本ホームページにおけるご注意点

こちらは、サイバーリスク保険の概要について紹介したものです。詳細は保険約款によりますが、ご不明な点がありましたら、代理店または東京海上日動までお問い合わせください。ご契約に際しては、ご契約手続き時にご確認いただきたいことや保険金をお支払いしない場合等を必ず約款、重要事項説明書でご確認ください。

ご契約の前に必ずお読みください。

ご契約の際のご注意

ライブラリ

サイバーリスクの最新動向や対策などを紹介する情報誌をダウンロードいただけます。
「Cyber Risk Journal」の最新号を掲載いたしました。2018年10月更新