自動車保険「臨時費用保険金」について

 2002年4月から2003年6月の当社自動車保険「臨時費用保険金」について未払いがあったのではないかとの報道が2014年2月にありました。
 当社では、あらゆる角度からデータの収集・修復に取り組み、対象となるお客様に対してご案内をさせて頂いております。
 また、上記のご案内以外にも、本件に関する専用のフリーダイヤルを設置して、お客様からのお問い合わせに対応させて頂いております。
 なお、ご案内を差し上げている対象のご契約およびお支払いに向けた当社の対応につきましては、以下の通りとなります。

1.ご確認の対象となるご契約等(全体像)

(1)対象となる保険商品の種類・対象期間

ご契約を頂いていた保険会社別に以下の通りとなります。
(旧)東京海上火災保険株式会社 (旧)日動火災海上保険株式会社
保険商品 ■TAP(家庭用)
 (家庭用総合自動車保険)
■TAP(事業用)
 (事業用総合自動車保険)
■SAP
 (自家用自動車総合保険)
■PAP
 (自動車総合保険)
■超保険
 (総合保険)
■心配御無用 家庭用 SGK
 (家庭用総合自動車保険)
■心配御無用 事業用 SGJ
 (事業用総合自動車保険)
■心配御無用 ナビ SGN
 (新・家庭用総合自動車保険)
■心配御無用 新・団体扱用 SGS
 (新・総合自動車保険)
■心配御無用
 (総合自動車保険)
■SAP
 (自家用自動車総合保険)
■PAP
 (自動車総合保険)
■BAP
 (自動車保険)
■超保険
 (総合保険)
対象期間 2002年(平成14年)4月1日(月)から
2003年(平成15年)6月30日(月)まで
2002年(平成14年)4月1日(月)から
2004年(平成16年)7月31日(土)まで

(2)対象となる臨時費用保険金の種類

対人臨時費用保険金、人身傷害臨時費用保険金、対物臨時費用保険金

(3)お支払いの対象となるご契約

臨時費用保険金の種類別に以下の通りとなります(詳しくはそれぞれの保険約款の規定によります。ご不明な点がございましたらフリーダイヤルまでお問い合わせ下さい。)。

2.お支払いに向けた対応について(お客様へのお願い)

(1)当社からのご案内について

当社では、お客様本位の観点から「出来ることは全て行う」という基本方針の下、お支払いの対象となるお客様に対し郵送にてのご案内を行っております。当時から長い期間が経過しており、誠に申し訳ございませんが、書類がお手元に届きましたお客様におかれましては、必要事項をご記入の上、ご返送下さいますようお願い申し上げます。

(2)コールセンターによる受付について

当社では、本件に関する専用のフリーダイヤルを設置して、お客様からのお問い合わせに対応させて頂いております。上記1.に該当するご契約についてお心当たりのあるお客様は、下記フリーダイヤルまでお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

自動車保険「臨時費用保険金」のお問い合わせ先

■フリーダイヤル   または
■受付時間 平日   午前9:00~午後6:00

3.お支払状況について

約18万2千件のご案内を発送しており、お支払いの状況は下表の通りになっております。
(2017年1月末日現在)
対象となる保険金 お支払件数 お支払いした保険金*
対人(臨時費用保険金) 120,675件 2,498,402千円
対物(臨時費用特約保険金) 6,667件 200,977千円
人身傷害(臨時費用保険金) 30,028件 741,539千円