To Be a Good Company

トップメッセージ

「お客様に“あんしん”をお届けし、選ばれ、成長し続ける会社
−100年後も良い会社“Good Company”を目指して−」

平素より、東京海上日動をお引き立て賜り、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症が、世界中で猛威を振るっております。お亡くなりになられた方々へ謹んで哀悼の意を表しますとともにご遺族ならびに罹患された方々やそのご家族に心よりお見舞いを申し上げます。また、命の危険と隣り合わせで懸命に働く医療従事者の皆様や様々な分野で社会インフラを支えておられる皆様に心から感謝と敬意を表します。
当社は、一企業市民として、お客様、代理店、社員等の感染拡大防止に最大限努めながら、お客様に必要なサービスの提供を維持・継続することで、保険会社としての使命をしっかりと果たしてまいります。
新型コロナウイルス感染症は人々の意識や行動様式・働き方などに大きな影響を与えました。また、新型コロナウイルス感染症以外にも地震や台風等の自然災害の頻発や巨大化、少子高齢化に伴う人口動態の変化、テクノロジーの目覚ましい進展により、個人や企業のお客様を取り巻く環境は大きく変化しています。
それに伴い、お客様のニーズも多様化し、新たなリスクも顕在化してきています。

こうした激しい環境変化の中で、私たち東京海上日動は、「お客様に“あんしん”をお届けし、選ばれ、成長し続ける会社」を長期ビジョンとして掲げ、2021年度からは、「成長への変革(“X”)と挑戦2023 ~『品質と想いで最も選ばれる会社』を目指して~」と題した中期経営計画をスタートしています。先の見えない環境下におきましても、「お客様や地域社会の“いざ”をお支えし、お守りする」という私たちの使命の実現に向けて、変革(“X”=トランスフォーメーション)に挑戦し成長していきたいと考えております。
また、お客様の“いざ”というときにしっかりとお役に立てるよう、クオリティの高い商品・サービスの開発や損害サービスのクオリティ向上にも取り組み、お客様や地域社会にとってなくてはならない会社、“Good Company”を目指して努力をしてまいります。
今後、テクノロジーも活用してさらに「保険の力」を高め、「想いを込めて」安心と安全を広げることで、挑戦する人や企業の支えとなり、日本の社会課題の解決にも貢献していく所存です。

今後とも、皆様のご理解と変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

取締役社長広瀬 伸一