みらい研究所
  • 先生・保護者の方へ
  • みらい研究所マップ

みらい調査科

調査レポート

どうして日本には地震(じしん)が多いの?
リョウくん(11才)

「日本は地震が多いと言われるわけ」

日本は、地球上で「とくに地震の起きやすい場所」にある。 世界中の大きな地震のおよそ20%が日本で起きている。 さらに、日本には噴火(ふんか)するかもしれない火山が110もある!
所長のことば
ちょっとむずかしく言うと、日本列島は、地震の原因(げんいん)となる「プレートがぶつかる場所」の上にあるから地震が多いんですよ。
ベンのことば
マグニチュード6をこえる大きい地震が、2000年から2009年の10年間で200回近くも起きているんだってさ。
所長のことば
「地震の起きやすい場所」には火山も多いんです。110という数は、全世界の火山の7.3%にあたるんですよ。
このページの先頭へ

日本は、他にもつなみや台風など災害(さいがい)がとても多い国なんだぞ。ふだんからどんな「生きのこるための努力(どりょく)」ができるか見てみようぜ!

「地震で生きのこるため、ふだんからしておきたいこと」

いつもねている場所は安全か、たしかめよう! まくら元にはいつもくつやスリッパをおこう! 出口への通り道にある家具もたしかめよう!
所長のことば
ねている場所にタンスがたおれてこないか、重い物がとんでこないかたしかめて、安全な場所でねることが大切ですね。
所長のことば
地震のときはまどガラスや食器(しょっき)がわれて、ゆか一面にちらばります。くつをはかないと、とてもにげ出せませんよ。
所長のことば
たおれた家具が出口をふさいでにげおくれることもあります。家具を固定(こてい)して命を守りましょう。
ベンのことば
大きなゆれで、ねているベッドまで動くこともあるぞ。気をつけような。
ベンのことば
ガラスがわれてもとびちらないよう、フィルムをはっておくのもいいぞ。
ベンのことば
ひとつしか出口がないと、外に出られなくなることもあるぞ。出口をいくつか考えておこうぜ。
今回のまとめ 日本は地震が起きやすい場所にある。ふだんから「生きのこるための努力」をして、自分の命を守ろう。
このページの先頭へ

2016年3月更新

調査レポートいちらんへもどる