みらい研究所
  • 先生・保護者の方へ
  • みらい研究所マップ

みらい調査科

調査レポート

もしタイムマシンがあったら、しろクマ所長は何をしたい?
サヤカちゃん(10才)

「【1日前プロジェクト】とはなにか?」

災害はいつどこにやってくるかわからない。 「もし災害の1日前にもどることができたら、あなたは何をしますか?」と聞くことにした。 体験から気付いたことをみらいに役立ててもらう取り組みが「1日前プロジェクト」。
所長のことば
日本はとくに災害が多い国です。「自分だけは大災害にあうことはない」と思うのはまちがいですよね。
ベンのことば
災害にあった人たちに「これをそなえておけばよかった」という体験談を語ってもらったんだぞ。
所長のことば
災害被害をへらすため、内閣府では「1日前プロジェクト」の話をホームページなどで公開しているんですよ。
このページの先頭へ

所長はタイムマシンで災害が発生する1日前に戻って、災害にそなえる活動をしたいんだな。「1日前プロジェクト」の役立つ話、どんな話があるか見てみようぜ!

「今すぐ役立つ【1日前プロジェクト】のエピソード」

ピアノが1m動いたり、食器(しょっき)が水のように流れてきた。 ひつような食べ物や、水をためる入れ物がなくてこまった。 家族がバラバラだったので、れんらくが取れず心配した。
所長のことば
たおれてくるテレビや家具、われた食器は凶器(きょうき)になります。家具を動かないように固定(こてい)したり、ドアが開かないよう、とめ具を取りつけておくといいですね。
所長のことば
かんづめやラップ、水のペットボトルなどはいつも多めに用意しておき、ときどき買い足していくといいですね。
所長のことば
ふだんから、家・学校の近くや、通学とちゅうにあるひなん所の場所を、家族みんなでたしかめておくことが大切ですね。
ベンのことば
重い物を高いところにおかないってことも大事だよな。
ベンのことば
日ごろから生活の中で、じゅんびしておきたい物をそろえておくといいんだよな。
ベンのことば
「災害にあったときにどうするか」を、あらかじめ家族みんなで話あっておくといいぞ。
今回のまとめ タイムマシンのように「災害の1日前」にもどる「1日前プロジェクト」を、きみのみらいにやくだてよう!
このページの先頭へ

2016年3月更新

調査レポートいちらんへもどる