ホーム>災害への対応>感染症>被害

感染症の被害

感染症によって起きる被害

感染症の原因となる細菌やウイルスは目に見えないほど小さいものです。しかし、感染してしまうと熱や咳など辛い症状に悩まされ、中には重症化して死に至るケースもあります。家庭や学校・会社などの組織にとどまらず、感染が広範囲に広がり、社会問題になることさえあるのです。

インフルエンザ

インフルエンザは毎年冬になると、その猛威を振るいます。インフルエンザの感染力はとても強く、日本では毎年約1,000万人(約12人に1人)が感染しています。また、いったん流行が始まると短期間に多くの人へ感染が広がります。

一般的な風邪とインフルエンザは、のどの痛みや鼻水、咳などの症状が似ているため、混同してしまうケースも少なくありません。しかし、一般的な風邪は熱がさほど上がらず、全身症状があまり見られないのに対して、インフルエンザは38℃以上の熱や、頭痛・関節痛・筋肉痛などの全身症状が、突然あらわれます。

特に高齢者、幼児、妊娠中の女性などは、症状が重症化してしまう危険性が高いので、注意が必要です。

新型インフルエンザ

国立感染症研究所より

インフルエンザにかかると、その原因となったウイルスに対して抵抗する力(免疫)が高まります。そのため、従来のインフルエンザに対しては、多くの人が免疫を持っているのです。
しかし、2009年の春に発生した新型インフルエンザは、その前年まで一度も流行したことがない、新しいタイプのウイルスが原因となったものでした。そのため、誰もが免疫を持っていなかった新型インフルエンザは全世界的に大流行。各国で数多くの死亡者や重症者を出しました。わが国では約2,000万人の国民が感染したとされていますが、患者の大半は小児でした。

デング熱・ジカ熱

デング熱やジカ熱は蚊を介して感染します。発熱、頭痛、結膜充血、筋肉痛や関節痛、発疹などが主な症状です。デングウイルスはまれに重症化し、早期に適切な治療が行われなければ死に至ることがあります。潜伏期間は2~14日です。ジカウイルスは感染しても症状がないか、症状が軽いため気付きにくいことがあります。妊娠中の女性が感染すると胎児に小頭症などの先天性障害をもたらす可能性があると言われています。またジカウイルス感染は性行為による感染が生じ、人から人の感染も起こります。

2016年10月現在、熱帯や亜熱帯の全域で流行しており、東南アジア、南アジア、中南米で患者の報告が多く、その他、アフリカ、オーストラリア、南太平洋の島でも発生があります。

風疹・麻疹

いずれも感染力が非常に強く、ウイルスが感染者の飛沫(唾液のしぶき)などによって感染がひろがります。風疹ウイルスは、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状があらわれます。感染しても症状が出ない人も15~30%程度います。妊娠中の女性が感染すると出生児に難聴、心疾患、白内障などの障がいをもたらす可能性があります。麻疹ウイルスは空気感染も生じ感染すると高熱(多くは39.5℃以上)が出て、3~4日間続きます。

集団感染

多くの人が集まる場所では、発病者から他の人へ感染する「二次感染」が発生しやすくなります。感染症が流行しているときは、人混みを避けて行動したほうが良いでしょう。

特に、幼稚園や保育園、養老施設や介護施設など、免疫力が低い幼児や高齢者が利用する施設は、感染症の集団発生に厳しく注意しなくてはなりません。

災害時に開設される避難所も、結核などの集団感染が発生しやすい場所です。

関連リンク

このサイトの情報は一例です。
あなたにとっての防災・減災を考えるきっかけとしてぜひご活用ください!