保険を学ぼう

損害保険とは?

損害保険の特徴

損害保険は、偶然のリスクによって生じた損害をカバーするための保険です。
そのために一定額の保険金が支払われる生命保険とは違い、損害額により保険金の支払いが変わる「実損払方式」が中心となっています。

損害保険、基本の考え方

自然災害、ケガ、盗難、または損害賠償責任など、リスクに応じて必要な損害保険も変わってきます。損害保険には、お客様のニーズに合わせ、様々なリスクに対応できるよう、幅広い商品があります。

損害保険の種類

損害保険の種類は実に幅広く、また、お客様のニーズに合わせ、日々新しい商品も生まれています。
ここでは、個人向けと法人向けに大別し、代表的な損害保険をご紹介します。

個人向け保険

自動車の保険

自動車事故の際、搭乗者、第三者賠償、車などに生じる損害に備える保険です。自動車損害賠償保障法に基づき原則としてすべての自動車・原動機付自転車の保有者に加入が義務付けられている自賠責保険(強制保険)と、上乗せとして加入する任意保険があります。

火災保険

火災や天災、建物外部からの物体の衝突、水濡れ、盗難などにより建物や家財に生じた損害に備える保険です。

地震保険

地震や噴火、またはこれらによる津波を原因とする火災などにより建物や家財に生じた損害に備える保険です。地震保険は火災保険とあわせてご契約いただく必要があります。

傷害保険

突然の事故による入院や通院、死亡などにより生じた損害に備えるための保険です。

旅行保険

国内や海外の旅行中でのケガ、病気(海外旅行保険のみ)や持ち物の破損などの損害に備えるための保険です。

法人向け保険

火災保険

火災をはじめとする様々な偶然な事故による事業財産の損害を補償する保険です。

賠償責任保険

事業活動に伴う損害賠償の保険です。

貨物・運送の保険

運送中・保管中における貨物の様々なリスクによる損害を補償する保険です。

興行中止保険

悪天候等の不測かつ突発的な事由により、イベントが中止になった場合の損害を補償する保険です。

ページの先頭へ

0108-EK04-B09055-201306