製品・商品のリコールを実施する際の諸費用を補償します。 商品のポイント 「対人・対物事故またはそのおそれ」のある製品・商品の回収費用を補償します。また、「品質保持期限の表示漏れ・誤り」や「食品・医薬品への異物混入またはそのおそれ」により実施するリコールについての回収費用も補償します。お客様以外の事業者がリコールを実施した場合に、その回収費用について賠償請求を受けた場合も補償します。

補償内容

保険金をお支払いする場合

生産物回収費用保険(リコール保険)は、次の(1)~(3)のすべての条件を満たしている場合に、被保険者(保険の補償を受けることができる方)がリコール費用を負担することによって被る損害を補償する保険です。

  • (1)次のいずれかに該当するリコールであること。
    • 対人・対物事故の発生またはそのおそれが生じた生産物(製品等)のリコール
    • 法令の規定に基づき、製造・販売等を禁止されている生産物(製品等)のリコール
    • 品質保持期限の表示漏れ・誤りがある生産物(製品等)のリコール
    • 食品・医薬品への異物混入またはそのおそれ(異物混入脅迫を含みます。)が生じたことにより実施するリコール
  • (2)上記(1)およびリコールの実施が次のいずれかにより客観的に明らかになったこと。
    • 行政庁に対する届出
    • 新聞、テレビ等による社告(インターネットのみによる社告は含みません。)
    • 行政庁による回収命令
  • (3)リコール実施の通知を、保険期間中にすみやかに弊社にご連絡いただくこと。
  • 被保険者が製造・販売した財物を原材料として使用する完成品メーカー等、第三者が被保険者の生産物を原因とするリコールを実施した場合において、被保険者がそのリコール費用を求償されたときは、被保険者がその費用に対する法律上の損害賠償金を負担することによって被る損害に対して保険金をお支払いします。
【想定される事故例】
  • 製造した椅子の脚が折れてケガをするおそれがあることが判明したため、回収を行った。
  • 販売した冷凍野菜から食品衛生法上の基準を超える残留農薬が検出されたため、回収を行った。
  • ゴム手袋片が混入したパンが見つかったため、回収を行った。

保険金のお支払い対象となる損害

この保険では、次の(1)~(15)のリコール費用に対して保険金をお支払いします。

保険金をお支払いできない主な場合

次の事由等により生じた損害については、保険金をお支払いできません。保険金をお支払いできない場合の詳細については約款の「保険金を支払わない場合」等の項目をご参照ください。

ページの先頭へ

補償プラン・保険料

1.保険料

保険料は売上高を基準に算出され、補償の対象とする生産物や支払限度額等によって異なります。

2.保険期間

保険期間は1年間です。

本ホームページにおけるご注意点

こちらは、生産物回収費用保険(リコール保険)の概要について紹介したものです。詳細は保険約款によりますが、ご不明な点がありましたら、代理店または東京海上日動までお問い合わせください。ご契約に際しては、ご契約手続き時にご確認いただきたいことや保険金をお支払いしない場合等を必ず約款、重要事項説明書でご確認ください。

ご契約の前に必ずお読みください。

ご契約の際のご注意


2407-ER04-19005-201910