スマホ・コンビニで、ちょいのり保険(1日自動車保険)に加入する方法

ちょいのり保険(1日自動車保険)は、スマホやコンビニから簡単操作で加入できる1日(24時間)単位の自動車保険です!今回は、加入方法、注意点、特徴についてご説明します。

スマホ・コンビニでどうやって加入するの?

それではちょいのり保険(1日自動車保険)の加入方法を、スマホとコンビニに分けてご説明します。

ちょいのり保険(1日自動車保険)にスマホで加入するには

まずは、スマホでの加入方法を見ていきましょう。

なお、事前登録は、初回のみ発生する作業です。2回目以降は初回に登録した基本情報が引き継がれるため、より簡単に利用申込みをすることができます。

ちょいのり保険(1日自動車保険)にコンビニで加入するには

ちょいのり保険(1日自動車保険)は、ローソン・ミニストップでも加入することができます。

以上で、コンビニでのちょいのり保険(1日自動車保険)の申込みは完了です。

ちょいのり保険(1日自動車保険)に加入する際の注意点

スマホの場合

スマホでちょいのり保険(1日自動車保険)に加入する際、注意すべき点が一つあります。

車両補償ありプランを希望する場合は7日前までに事前登録しておく
スマホから初めて申し込む場合、事前登録した日から7日以内は車両補償ありプランを申し込むことができません。そのため、初めての申込みで車両補償ありプランを利用したい場合は、ご利用開始日の7日前までに事前登録を行っておきましょう。

コンビニの場合

コンビニでちょいのり保険(1日自動車保険)に加入する際も、注意すべき点があります。

車両補償ありプランを希望する場合は7日前までに加入しておく
車両補償なしプランの場合は初めての申込みでも当日に加入することができますが、車両補償ありプランに加入する場合は事前(7日前まで)の申込み、またはネット予約が必要となります。
Loppi(店頭端末)で手続きをしたら30分以内に保険料を支払う
ローソンまたはミニストップのLoppi(店頭端末)で手続きを済ませたら、30分以内にレジで現金で保険料を支払ってください。30分を過ぎてしまうと、申込券が無効となり、保険料のお支払いができなくなるため注意してください。なお、申込券が無効となった場合で、引き続きちょいのり保険(1日自動車保険)への加入が必要なときは、再度Loppi(店頭端末)から手続きをお願いします。

ちょいのり保険(1日自動車保険)の特徴!

ちょいのり保険(1日自動車保険)は、文字通り1日24時間単位で加入できる自動車保険です。ここでは、ちょいのり保険(1日自動車保険)の特徴についてご説明します。

ちょいのり保険(1日自動車保険)とドライバー保険はどう違う?

ちょいのり保険(1日自動車保険)は親や友人をはじめとした他人の車を運転する際に加入する1日(24時間)単位の自動車保険です。

ここでひとつ気になるのが、「ドライバー保険(自動車運転者保険)とちょいのり保険(1日自動車保険)は何が違うのか?」ということです。

一見すれば、他人の所有する自動車を運転する機会があったときのための保険ということに変わりはありません。そのため、どちらに加入すればよいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

ドライバー保険(自動車運転者保険)は借りたお車を運転しているときの事故を補償する原則1年単位で契約する自動車保険で、借りるお車の特定は不要ですが、お車の補償(車両補償)は用意されていません。

一方で、ちょいのり保険(1日自動車保険)は、借りたお車を運転しているときの事故を補償する1日(24時間)単位で加入可能な自動車保険で、借りるお車の特定が必要です。また、お車の補償(車両補償)をセットすることも可能です。

これらの違いを踏まえ、ドライバー保険(自動車運転者保険)をご契約されるか、お車を借りる都度ちょいのり保険(1日自動車保険)に加入されるのかご検討ください。

ちょいのり保険(1日自動車保険)の保険料は1日(24時間)単位で

ちょいのり保険(1日自動車保険)の保険料は、1日単位で適用されます。この1日とは「保険責任開始日時から24時間」という意味で、例えば21時から翌2時までのドライブで利用したい場合は、2日分ではなく1日分の保険料が適用されます。

ちょいのり保険(1日自動車保険)の補償内容

ちょいのり保険(1日自動車保険)には3つのプランがあり、どのプランにも対人・対物賠償責任保険、搭乗者傷害特約(一時金払)、自損事故傷害特約、ロードアシスト(車両搬送・緊急時応急対応費用補償特約およびサービス)等の補償・サービスがセットされます。なお、プランによってその他の補償・サービスが異なるため、その違いを以下でご説明します。

車両補償なしプラン 500円
ワンコインで加入できる保険料が一番お手軽なプランです。なお、事故を起こした際の借りたお車の補償(借用自動車の復旧費用補償特約)はありません。
車両補償ありプラン(スタンダード) 1,500円
借りたお車の補償(車両補償)がセットされ、支払限度額300万円の範囲内で修理費等が補償されます。なお、保険金のお支払いに際して、免責金額(自己負担額)15万円をご負担いただきます。
車両補償ありプラン(プレミアム) 2,100円
借りたお車の補償(車両補償)の免責金額(自己負担額)が10万円となるプランです。また、もらい事故にあったとき等に必要となる相手方に法律上の損害賠償請求をするための弁護士費用・法律相談費用についても補償されるプランです。
ちょいのり保険(1日自動車保険)の各プランの主な違い】
プラン名 保険料 車両補償 弁護士費用等の補償
車両補償なしプラン 500円 × ×
車両補償ありプラン
(スタンダード)
1,500円
免責金額(自己負担額)
15万円
×
車両補償ありプラン
(プレミアム)
2,100円
免責金額(自己負担額)
10万円

ちょいのり保険(1日自動車保険)は、1回の申込みで最長連続7日間まで加入することができます。なお、車両補償ありプランに関しては事前登録した日から7日以内はご加入いただけません。

ちょいのり保険(1日自動車保険)はスマホ・コンビニで簡単加入できるので、ちょい乗りにぴったり!

東京海上日動のちょいのり保険(1日自動車保険)は、スマホ・コンビニでの手続きで加入することができます。1日(24時間)単位での申込みが可能なため、今まで保険に馴染みがなかった方でも、気軽に加入することができます。

ちょいのり保険(1日自動車保険)は、親や友達の車を少し借りて運転したいときにお客様のお役に立てる自動車保険です。ぜひご活用ください。

引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社