ちょいのり保険(1日自動車保険)に入るときは車両補償も検討した方が良い?

ちょいのり保険(1日自動車保険)に加入する際に、「借りたお車の補償(車両補償)もあわせて検討した方がいいのか」ということが気になります。今回は、ちょいのり保険(1日自動車保険)の車両補償の内容と、車両補償ありのプランを選択した方がよいかという点についてご説明します。

ちょいのり保険(1日自動車保険)における車両補償とは

初めに、ちょいのり保険(1日自動車保険)における借りたお車の補償(車両補償)とは具体的にどのような内容なのかをご説明します。

借りたお車の補償(車両補償)とは?盗難された場合の補償は?

ちょいのり保険(1日自動車保険)の車両補償とは、運転中の事故によって、借りたお車に損害が生じたときに保険金が支払われる補償のことです。「運転中の事故」を対象としている点がポイントで、駐車中や停車中の事故は対象にならないため、注意が必要です。また、同様に盗難された場合も補償されませんのでご注意ください。

この補償は、借りたお車の修理費用や、借りたお車の代替車の購入費用を1回の事故について300万円を限度に補償いたします。ただし、全額を補償するわけではなく、車両補償ありプラン(スタンダード)では15万円、車両補償ありプラン(プレミアム)では10万円をご自身で負担する必要があります(免責金額)。また、借りたお車の代替車を購入した場合は、(1)修理する場合にかかる費用(2)代替車の購入費用(3)借りたお車の時価額のいずれか低い金額を限度に補償します。

【プラン毎の補償内容について】
プラン名 保険金額 免責金額(自己負担額)
車両補償ありプラン
(スタンダード)
1回の事故で300万円限度 15万円
車両補償ありプラン
(プレミアム)
10万円

このように、免責金額(自己負担額)が定められているものの、300万円を限度に補償が受けられるという点は、車両補償ありプランの大きな特徴であると言えます。

車両補償ありプランに加入していないとどうなる?

一般的に車を他人から借りる場合、借りた人はそのお車を管理する義務と借りたお車を元の状態のまま返す義務を負います。つまり、借りている間にお車を壊してしまった場合には、そのお車の損害を賠償する責任が生じるのです。そのため、借りたお車の所有者から車を修理する際に必要となる費用を直接請求されることがあるかもしれません。

車両補償ありプランに加入していれば、1回の事故について300万円を限度に補償され、実際の自己負担額を10万円または15万円に抑えることができます。また、お車を貸す方も車両補償があることで安心してお車を貸すことができるでしょう。このようなメリットを踏まえ、車両補償ありプランに加入されることをお勧めします。

ちょいのり保険(1日自動車保険)の車両補償ありプランもご検討を!

ちょいのり保険(1日自動車保険)は、24時間あたり1,500円または2,100円で車両補償ありプランにご加入いただけます。免責金額(自己負担額)が定められているものの、事故で借りたお車に損害が生じた場合に1事故につき300万円を限度に補償される点は安心です。

他人のお車を運転するということは、誰もが緊張してしまうものです。安心で楽しいドライブを満喫するため、車両補償ありプランへのご加入を検討いただくのはいかがでしょうか。

引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社