車両保険

衝突、接触等の事故によりご契約のお車に生じた損害に対して保険金をお支払いします。

全損*1以外の場合には、損害額からご契約時に設定された免責金額(自己負担額)を差し引いた金額を保険金額を限度にお支払いします。なお、車対車免ゼロ特約(正式名称:車両保険の免責金額に関する特約)をご契約いただいた場合、お車同士の衝突や接触事故であり、かつ、相手方の車(ご契約のお車と所有者が異なる車に限ります。)およびその運転者または所有者が確認できる車両事故の場合で、適用される免責金額が3万円または5万円のときは免責金額なしで保険金をお支払いします。

  • *1全損とは、ご契約のお車の修理費が車両保険金額以上となる場合(ただし、保険金額が50万円未満の場合は、限度額引上げ払*2を行わないときに限ります。)、ご契約のお車が盗難され発見されなかった場合またはご契約のお車が修理できない場合をいいます。
  • *2限度額引上げ払とは、車両保険金額が50万円未満の場合で、修理費が保険金額以上となり修理を行うときに、50万円を限度に修理費をお支払いすることをいいます。

一般条件、エコノミー車両保険(車対車+A)等をお選びいただきます。

一般条件 エコノミー車両保険
ガードレール・電柱・自転車に衝突 補償対象 補償対象外
当て逃げ 補償対象 補償対象外
車庫入れに失敗 補償対象 補償対象外
お車同士の衝突 補償対象 補償対象
二輪自動車・原動機付自転車との衝突 補償対象 補償対象
火災・爆発 補償対象 補償対象
盗難 補償対象 補償対象
いたずら・落書・窓ガラス破損 補償対象 補償対象
飛来中・落下中の他物との衝突 補償対象 補償対象
台風・たつ巻・洪水・高潮 補償対象 補償対象
地震・噴火・津波 補償対象外 補償対象外

エコノミー車両保険(車対車+A)の場合は、相手方の車(ご契約のお車と所有者が異なる車に限ります。)およびその運転者または所有者が確認されたときに限り補償します。当て逃げで相手方が不明の場合等は補償されません。

地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害に対しては、保険金をお支払いしません。

一部のご契約を除き、この損害に備え「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」をご契約いただけます。

保険金額が50万円未満の車両保険について、修理費が保険金額以上となり修理を行う場合は、50万円を限度に保険金をお支払い(限度額引上げ払)します。

修理費からご契約時に設定された免責金額(自己負担額)を差し引いた金額をお支払いします(50万円限度)。

例)車両保険金額40万円(免責金額0万円)、損害額(修理費)50万円の事故が発生した場合

不適用特約ご契約あり → 車両保険金40万円 不適用特約ご契約なし → 車両保険金50万円(50万円を限度に、損害額(修理費)を車両保険金としてお支払いします。)

不適用特約ご契約あり → 車両保険金40万円 不適用特約ご契約なし → 車両保険金50万円(50万円を限度に、損害額(修理費)を車両保険金としてお支払いします。)

この保険に自動セットされる特約

車両全損時諸費用補償特約

ご契約のお車が全損となった場合や限度額引上げ払をした場合、車両保険金額の10%に相当する額(上限20万円、下限5万円)を全損時諸費用保険金としてお支払いします。

「車両全損時諸費用保険金倍額払特約」もあります。
「車両全損時諸費用保険金倍額払特約」をご契約の場合は、全損時諸費用保険金の額を、車両保険金額の20%に相当する額(上限40万円、下限10万円)として、保険金をお支払いします。

  • 車両保険金額が10万円未満の場合は車両全損時諸費用保険金倍額払特約はご契約いただくことができません。

車両搬送・レンタカー費用等補償特約(15日)

全損とは、ご契約のお車の修理費が車両保険金額以上となる場合(ただし、保険金額が50万円未満の場合は、限度額引上げ払を行わないときに限ります。)、ご契約のお車が盗難され発見されなかった場合またはご契約のお車が修理できない場合をいいます。

限度額引上げ払とは、車両保険金額が50万円未満の場合で、修理費が保険金額以上となり修理を行うときに、50万円を限度に修理費をお支払いすることをいいます。

車両保険金額が5万円未満の場合は車両全損時諸費用不担保特約が自動セットされます。

ページの先頭へ

保険金をお支払いしない主な場合

すべての補償・特約で共通

ページの先頭へ