女性の活躍推進

東京海上日動では、性別・年齢・国籍・障がいの有無や、働き方・雇用形態などの条件の違いに関わらず、社員一人ひとりがイキイキと働き、意欲と能力を最大限発揮できることが、社会の変化に柔軟に対応し、お客様のご期待にお応えし続けていくために重要であると考え、ダイバーシティポリシーに基づき、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。
特に、女性の活躍推進については、弊社社員の約半数が女性であることから、女性社員一人ひとりが自律的にキャリアを構築し、より広いフィールドで活躍できるよう、長年にわたり積極的に環境づくりに取り組んでいます。

女性の活躍推進 「目指す姿」

会社や組織のあらゆる意思決定の場に、女性が当たり前に参画している状態

女性社員一人ひとりが「働きがい」を実感しながら成長し続けることで、弊社として実現したい姿が、この「目指す姿」です。多様な価値観を持った社員が意思決定の場に参画することで、意思決定の質を高めていくという考えのもと策定しました。
「目指す姿」の実現へ向けて、今後も女性社員が自律的にキャリアを構築し、自分らしく輝きながら成長し続けられるよう、さまざまな制度や仕組み、チャレンジの場を提供し、取り組みを加速していきます。


東京海上日動火災保険株式会社
人事企画部
ダイバーシティ&インクルージョン推進チームリーダー
江島 陽子


ダイバーシティ&インクルージョン推進チームメンバー

女性活躍推進に関するデータ

これまでの取り組みの結果として、仕事と育児を両立してキャリアアップを目指す社員が増えるとともに、女性管理職の数も2010年の105名から2019年は263名に増え、営業や損害サービス第一線の責任者としても多くの女性が活躍しています。
女性役員の登用も積極的に進めており、2019年現在、3名の女性執行役員(うち1名は常務執行役員)、2名の女性社外監査役がおり、多様な意見を経営に活かしています。

従業員に占める女性の割合

従業員に占める女性の割合 55%

  • 2019年4日1日時点

女性管理職の割合

女性管理職の割合 女性管理職数 2010年 105名 2011年 117名 2012年 127名 2013年 146名 2014年 168名 2015年 183名 2016年 202名 2017年 218名 2018年 245名 2019年 263名 女性管理職比率 2010年 3.4% 2011年 3.6% 2012年 4.2% 2013年 4.5% 2014年 5.1% 2015年 5.5% 2016年 6.1% 2017年 6.7% 2018年 7.6% 2019年 8.3%

育児休業取得率

女性従業員 取得率 99% ※育児休業をした女性従業員÷出産した女性従業員(2018年度実績) 男性社員 取得率:73% ※育児休業をした男性従業員÷配偶者が出産した男性従業員(2018年度実績)

育児休業制度利用者

育児休業制度利用者 女性利用者 2010年 365名 2011年 448名 2012年 528名 2013年 593名 2014年 608名 2015年 744名 2016年 829名 2017年 844名 2018年 937名 男性利用者 2010年 21名 2011年 13名 2012年 10名 2013年 10名 2014年 26名 2015年 116名 2016年 165名 2017年 178名 2018年 125名

社外からの評価

長年にわたる女性活躍推進の取り組みや実績などが評価され、以下のような受賞・認定を受けています。

2019年3月
経済産業省・東京証券取引所「なでしこ銘柄」選定

弊社持ち株会社である東京海上ホールディングスは、2013年度、2015年度、2017年度、2018年度に「なでしこ銘柄」に選定されました。
2013年度については「保険業」として初めての選定となりました。

なでしこ銘柄

2018年3月
東京労働局「くるみんマーク」「プラチナくるみんマーク」取得

社員の子育て支援のための積極的な取り組みが認められ「くるみんマーク」を取得しています。
2018年3月にはより高い水準の取り組みを行っている企業を評価する特例認定を受け、「プラチナくるみんマーク」を取得しました。

プラチナくるみんマーク くるみんマーク

2014年10月
「均等・両立推進企業表彰」ファミリーフレンドリー部門・厚生労働大臣優良賞受賞

休職前・休職中・復職後の全てにわたる継続的な母性保護・育児支援の取り組みや、長時間労働を削減し社員が主体的に勤務時間をコントロールするためのルール整備などが評価されました。

2014年3月
ダイバーシティ経営企業100選

母性保護や育児支援制度の充実、社員全員の役割の変革を通して多くの女性社員が活躍し続けている点、障がい者雇用の推進やノーマライゼーション意識の向上などの取り組みが評価されました。

ダイバーシティ経営企業100選

社外ネットワークへの参加

  • 30%Club
  • イクボス企業同盟
  • 行動宣言 輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会