Fijiフィジーは300余の火山島と珊瑚礁からなる共和国です。植林を行っているビティレブ島では、波や潮流による海岸侵食、サイクロンやハリケーンなどの被害を受けやすい場所です。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

サイオコ村 ヤエヤマヒルギ

サイオコ村 ヤエヤマヒルギ

サイオコ村 ヤエヤマヒルギ

ベレベレ村 ヤエヤマヒルギ

ベレベレ村 ヤエヤマヒルギ

フィジーでは、2004年度よりNGOオイスカにより、マングローブ植林活動を進めています。植林地では波の力が強く、土壌の浸食や高波による被害が多いため、その被害を軽くすることが目的です。マングローブを植えた場所は、土砂が堆積して地盤が強くなっており、少しずつ災害への抵抗力が高まることが期待されます。

マングローブ植林活動状況

新型コロナウイルスの影響で、植林活動も一時期は休止状態になりました。それでも今期は、ビティレブ島北東部にあるラ県のナヴォラウ村、ナヴニイヴィ村、ヴェイダラ村、ナオゾバウ村、サイオコ村の5カ所で、3,738本のマングローブを植林しました。
特にナヴォラウ村では、元青年スポーツ省西部地区局長で、プロジェクトの良き理解者であるバラミ氏が、退職後も引き続き協力してくれたおかげで、村の住民との植林活動が月1回のペースで実現できました。


サイオコ村のマングローブの様子


植林地Dakui Beqaで2017年2月に植えたマングローブ


植林地Dakuniで2020年12月に苗場を設置

植林地の様子

サイオコ村、ナオゾバウ村、ヴェイダラ村、そしてナヴニイヴィ村の2006年に植林したエリアで、近年魚が増えてきているそうです。
このようなマングローブの順調な生育を踏まえ、サイオコ村ではUNDPの協力を得て、カニの養殖プロジェクトをスタートさせました。
さらに、ナオゾバウ村では珊瑚礁の保全を継続しています。2016年の巨大サイクロンにより、珊瑚は被害を受けましたが徐々に回復し、今ではこの周辺でたくさんの魚を確認できるようになりました。


ナオゾバウ村での植林活動の様子


ナヴニイヴィ村での植林活動の様子


珊瑚の苗を清掃している様子

今後の活動予定

2021年度も、引き続きラ県のナヴォラウ村、ナヴニイヴィ村、別の植林地で、それぞれ1ヘクタールずつ、合計で3ヘクタールを目標に植林を行う予定です。また、ナヴニイヴィ村での野生ヤギによる食害を防ぐために、フェンスの設置も検討しています。