Fijiフィジーは300余の火山島と珊瑚礁からなる共和国です。植林を行っているビティレブ島では、波や潮流による海岸侵食、サイクロンやハリケーンなどの被害を受けやすい場所です。

マングローブ植林活動レポート

フィジーでは、2004年度よりNGOオイスカにより、マングローブ植林活動を進めています。植林地では波の力が強く、土壌の浸食や高波による被害が多いため、その被害を軽くすることが目的です。マングローブを植えた場所は、土砂が堆積して地盤が強くなっており、少しずつ災害への抵抗力が高まることが期待されます。

マングローブ植林活動状況

ビティレブ島北東部にあるラ県のサイオコ村とナオゾバウ村で、5710本のマングローブを植林しました。また、ビティレブ島南岸に広がるコーラルコーストエリアのヤンドゥア、ベンガ、ナタンドラの3カ所で、2900本のマングローブを植えました。
特にナタンドラでは、近隣にあるインターコンチネンタルホテルと連携して、世界各国から集まったLenovoの職員とともに、植林活動を行いました。


サイオコ村でのマングローブ植林の様子


ナオゾバウ村に植林されたマングローブ


世界各国のLenovo職員が、植林活動に参加しました

植林地の様子

ラ県のサイオコ村では2019年9月、新しい電柱の設置と合わせてマングローブの植林を行ったところ、30人の村人が参加してくれました。これだけ多くの参加者が集まるのは珍しく、多くの村人にマングローブ植林の大切さを理解してもらえる良い機会になりました。
ヤンドゥアでは、約20年前にマングローブを伐採してしまったことで、ずっとイワシを見られなくなっていました。しかし、2018年11月に引き続き、2019年4月にもマングローブを植林したことで、再びイワシを捕獲することができたそうです。


多くの村人が参加したサイオコ村の植林活動


ボートにマングローブ苗を積み込む様子


植林を行うヤンドゥアの人たち

今後の活動予定

今後はマングローブの生存率をさらに高めるため、これまでとは別の場所での植林活動を検討しています。また、ラ県を管轄する漁業省から、マングローブ植林や珊瑚保全について打診があり、今後は連携して活動を行っていく可能性があります。