Indiaインドは、世界にあるマングローブ林の約2.8%の面積を保有していましたが、沿岸開発や一部劣化によって失われています。このプロジェクトでは、天然のマングローブ林が存在しなかったインド西部・グジャラート州の河口で植林活動を行っています。

マングローブ植林活動レポート

インドでは、2009年からNGO「国際マングローブ生態系協会(ISME)」が、現地NGO「Daheda Sangh」とともに、インドマングローブ協会の協力を得ながら、ヴァドガム村の住民のみなさんとともに植林事業を進めています。多くの住民が農業で生計を立てているこの地域で、マングローブ植林を実施する目的は、「農地に浸入する海水を軽減すること」、「波を弱めて海岸が削られるのを防ぐこと」、「乾季に家畜への飼料を供給すること」などです。

マングローブ植林活動状況

2019年度は、引き続きグジャラート州のサバルマティ川河口の干潟で、ヴァドガム村のみなさんと協力して植林を行いました。当初はこれまでの植林地の南側と東南側に植える予定でしたが、雨天が続き川の水位が高くなっていたことから、植林地の東側に植林を行いました。
主に植えたのは、降雨量が少ない立地環境でも生育できるヒルギダマシです。また、マングローブ樹種の多様性を確保するため、オヒルギやフタバナヒルギなど導入実験も継続して行いました。川の水がさらに増えて種が流されてしまうことを想定して、1カ所に3粒ずつの種を直接まきました。


ヒルギダマシの皮剥き作業の様子


村人たちによる種まきの様子


2018年9月に種まきした植林地

植林地の様子

2015年7月末に発生した洪水により、サバルマティ川の流れは大きく変わり、マングローブの植林地は一部が流出してしまいました。しかし、現地NGOのDaheda Sanghとヴァドガム村の住民は努力を続け、植林に取り組んでいます。
また、新規の植林活動と並行して、植林地への補植も随時行えるように、ポット苗の準備も進めています。


2018年に植えたヒルギダマシ

今後の活動予定

今後もグジャラート州のサバルマティ川河口の干潟で、ヴァドガム村のみなさんと協力して植林活動を実施していく予定です。