Malaysiaマレーシアのボルネオ島サバ州では、国全体の50%弱に相当する面積のマングローブ天然林が分布しており、このうち約93%は保護林に指定されています。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン ララサン川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン ララサン川沿い
フタバナヒルギ

マレーシアでは、2011年からNGO「国際マングローブ生態系協会(ISME)」が、サバ州森林局の協力を得ながら、植林事業を進めています。1990年代にタンニン採取や薪炭材の利用、油ヤシの植栽のために天然のマングローブ林が不法伐採されたため、荒廃したマングローブ林を再生することを目的に植林活動を実施しています。絶滅が危惧されるテングザルなどの野生生物を保護したり、生物多様性を保全したりする観点からも重要な活動です。

マングローブ植林活動状況

2017年度は、ウェストン川の河口に新しく形成された泥干潟7.7ヘクタールに、1万4721本のオオバヒルギやフタバナヒルギなどを新規に植えました。2016年度は1カ所に1本の苗木を植える方法を採用していましたが、残存率が低かったため、2017年度からは1カ所に3本を植える方法を採用しています。
また、クナックのSg. Tokio Marine(東京海上川)やカラバカン川をはじめとするサバ州内の6カ所で、これまで植林活動を行ってきた植林地へ、補植を行いました。2016年度までに植林を終えた地域の中には、ヤギやガの幼虫による食害が発生している地域があり、補植活動は継続的に行っています。


1カ所に3本植えたマングローブの生育状況


補植が行われたSg. Tokio Marineの様子

植林地の様子

Sg. Tokio Marine(東京海上川)沿いの植林地では、繰り返し補植が行われてきたおかげで、2014年に植えられたフタバナヒルギの多くが、種子を付けるまでに成長しました。今後の補植が必要ないほどに一面が緑に覆われています。
また、2017年3月に続き、2018年3月にも日本人高校生によるボランティア植林を受け入れました。サバ州森林局の協力のもと、ウェストン川の泥干潟で2500本のフタバナヒルギのポット苗を植えるなどの活動を行いました。


Sg. Tokyo Marineのマングローブの生育状況


高校生によるマングローブ植林の様子


植林後の集合写真

今後の活動予定

2018年度は、引き続きウェストン河口に新しく形成された泥干潟へ、13ヘクタールの新規の植林を予定しています。また、2019年に実施予定の東京海上日動火災保険社員によるボランティアツアーと、その事前調査について、無事に実施できるよう支援する予定です。