Malaysiaマレーシアのボルネオ島サバ州では、国全体の50%弱に相当する面積のマングローブ天然林が分布しており、このうち約93%は保護林に指定されています。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン イスメ川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン ララサン川沿い
フタバナヒルギ

サンダカン ララサン川沿い
フタバナヒルギ

マレーシアでは、2011年からNGO「国際マングローブ生態系協会(ISME)」が、サバ州森林局の協力を得ながら、植林事業を進めています。1990年代にタンニン採取や薪炭材の利用、油ヤシの植栽のために天然のマングローブ林が不法伐採されたため、荒廃したマングローブ林を再生することを目的に植林活動を実施しています。絶滅が危惧されるテングザルなどの野生生物を保護したり、生物多様性を保全したりする観点からも重要な活動です。

マングローブ植林活動状況

新型コロナウイルスの感染に十分注意しながら、4カ所合計35ヘクタールの植林地で、24種類、4万9,689本のマングローブを植えました。
2021年度から、ラブックベイ・テングザル保護区(Labuk Bay Proboscis Monkeys Sanctuary)が植林地に加わりました。ここは、野生のテングザルの保護活動を行う民間施設で、観光地としても国内外から人気が高い場所です。この活動を通じて、地域住民への環境教育に関する普及・啓発活動が広がることも期待されます。
また、2018年度から、植林地の樹種構成を天然のマングローブ林に近づけるため、在来の樹種も併せて植えることを心がけています。ラブックベイ・テングザル保護区でも20種類の樹種の植栽を試みました。


Pulau ISMEでの植林の様子 ⒸSFD-ISME協働マングローブ植林プロジェクト


ラブックベイ・テングザル保護区の植林地 ⒸSFD-ISME協働マングローブ植林プロジェクト


ラブックベイ・テングザル保護区での植林の様子 ⒸSFD-ISME協働マングローブ植林プロジェクト

植林地の様子

2021年7月、ウェストン川の中州であるPulau ISME では初めて、サバ州森林局のタスクチームが絶滅危惧種のテングザル1頭を確認しました。エサであるベニマヤプシキの葉などを求めて、ウェストン川を泳いで渡ったものと考えられます。その後、10月にはテングザルの群れと、同じく絶滅危惧種のカニクイザルの群れも確認できました。Pulau ISMEでテングザルやカニクイザルを確認できたことは、マングローブ植林活動で、新たな生態系が形成され、生物多様性に富んできている証しといえます。
2021年9月、サバ州森林局のジョセフ・タンガー博士とアーサー・チャン博士による「Monyet Bangkatan di Hutan Bakau Sabah(サバ州のマングローブ林のテングザル)」という本が、マレー語で出版されました。この本では、テングザルの生態のほか、その生息域であるマングローブ林や本プロジェクトについても紹介されています。本書は多くの学校や図書館などにも寄贈されました。今後、マレー語だけではなく、英語での出版も予定されています。
また、絶滅のおそれが極めて高いマングローブ樹種、ハイナンヒルギ(Bruguiera hainesii)が、コタキナバルの沖合の観光地マヌカン島でのマングローブ調査で発見されました。現在はその保護と増殖を試みていて、2カ所の植林地で育成しているところです。今後も成長を見守っていきます。


Pulau ISME で確認されたテングザル ⒸSFD-ISME協働マングローブ植林プロジェクト


「Monyet Bangkatan di Hutan Bakau Sabah」の表紙と裏表紙 ⒸSFD-ISME協働マングローブ植林プロジェクト


「Monyet Bangkatan di Hutan Bakau Sabah」に関する記事 ⒸSFD-ISME協働マングローブ植林プロジェクト

今後の活動予定

次年度も、サバ州森林局のタスクチームと協議し、新型コロナウイルスの感染防止を第一とした植林活動を検討していきます。