Myanmarミャンマー中南部イラワジ管区の天然のマングローブ林は、1992年に炭焼きが禁止されるまで、炭生産のために伐採されたり、米の増産政策により天然のマングローブ湿地が水田に転換されたりしてきました。しかし、1994年に植林した者に30年間の森林利用権を与える「社会林業条例(Community Forestry Instruction)」が制定され、今では民間による植林が推進されています。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

パダウビンゼイ村
ロッカクヒルギ

ワコン村
ロッカクヒルギ

ワコン村
ムベンハマザクロ

ワコン村
マルバヒルギダマシ

ミャンマーでは、1999年よりNGO「マングローブ植林行動計画(アクトマン)」が、FREDA(ミャンマー森林資源環境開発協会)の協力を得て、FUG(Forest Users Group)という住民による森林利用グループが中心となり、活動を進めています。炭や米の生産のために荒廃した天然のマングローブ林を環境保全森林省森林局の住民参加型の社会林業(Community Forestry)手法により、修復再生することを目的としています。

マングローブ植林活動状況

2019年度は、引き続きミャンマー中南部イラワジ管区ピャポン市のピンダイェ森林区付近にある、マムウェクウィン村など6つの村で植林を行いました。植えたマングローブの種類は、主にマルバヒルギダマシとロッカクヒルギ2種類です。ワパナ村では、このほかにもヒルギモドキとホウガンヒルギの仲間の樹種も植えました。
2020年の1月に、マングローブの活着率を6カ所で計測したところ、平均で96%のマングローブが枯れずに生育していました。
また、以前までは苗木を3カ所で生産していましたが、今年度からカチンジュン1カ所に集約しました。そして、次年度のマングローブ植林に向けて、マルバヒルギダマシ25万本など、合計33万本の苗を育てています。


ンガダンセ村の2019年度植林地の様子


チュウェテ村の小学生が参加した生存率調査


カチンジュンの苗床でのポット土詰め作業の様子

植林地の様子

ワゴン村では、2000年に植えたヒルギダマシが20mほどの高さまで成長し、豊かなマングローブ林を形成しています。そのマングローブ林から出た間伐材は、薪木として市場に出すことができ、得られる収入が村人たちの生活の助けとなっています。地域住民が参加して森林を管理し、得られる利益をみんなで分配するという「コミュニティーフォレストリー」の概念が、しっかり根付いてきことを感じます。
また、マングローブの花から採れるハチミツは、おいしい上に万病に効くと現地では珍重されています。もし、養蜂が可能になれば、地域にとって安定的な収入源になります。そこで、このピンダイェ地区で養蜂を事業化できないか、検討を始めました。


ワゴン村で2000年に植えたヒルギダマシの林


ワパナ村で2016年に植えたロッカクヒルギの林


オッポクウィンチャン村で実施したスタッフ会議の様子

今後の活動予定

2020年度も引き続き、100ヘクタールの植林を実施する予定です。また、次年度の植林活動に向けた、マングローブの苗木生産なども行います。