Myanmarミャンマー中南部イラワジ管区の天然のマングローブ林は、1992年に炭焼きが禁止されるまで、炭生産のために伐採されたり、米の増産政策により天然のマングローブ湿地が水田に転換されたりしてきました。しかし、1994年に植林した者に30年間の森林利用権を与える「社会林業条例(Community Forestry Instruction)」が制定され、今では民間による植林が推進されています。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

パダウビンゼイ村
ロッカクヒルギ

ワコン村
ロッカクヒルギ

ワコン村
ムベンハマザクロ

ワコン村
マルバヒルギダマシ

ミャンマーでは、1999年よりNGO「マングローブ植林行動計画(アクトマン)」が、FREDA(ミャンマー森林資源環境開発協会)の協力を得て、FUG(Forest Users Group)という住民による森林利用グループが中心となり、活動を進めています。炭や米の生産のために荒廃した天然のマングローブ林を環境保全森林省森林局の住民参加型の社会林業(Community Forestry)手法により、修復再生することを目的としています。

マングローブ植林活動状況

2017年度は、引き続きミャンマー中南部イラワジ管区ピャポン市ピンダイェ森林区にある、オッポクウィンチャン村など7つの村で、ヒルギダマシ、ロッカクヒルギ、ヒルギモドキなど、6種類のマングローブを植えました。今年はアシェマヤン村とアナウッマヤン村の2つが新たに参加しました。
2018年の1月に、5つの村で植林したマングローブの生存率(活着率)を計測したところ、平均で90%、一番高かったオッポクウィンチャン村で96%となりました。
また、オッポクウィンチャン、カチンジュン、トンバワティの3カ所で、来年度のマングローブ植林に備えて、苗木を育てています。全8種、27万本の苗木が苗床にあり、次年度150ヘクタールの植林活動に必要な苗木は確保できる予定です。


環境教育の一環で生存率調査に参加した小学生とマルバヒルギダマシ


カニンゴン村の当年度植林地の様子


2008年に植えたヒルギモドキの林

植林地の様子

地域の雇用機会増加に貢献するため、コンニャク開発に取り組んできました。4年間の活動の末、課題となっていた栽培技術の開発、加工技術の移転、市場の開拓に関して、成果を上げることができました。2018年夏には、約80ページのコンニャクについてのハンドブックを、英語版・ミャンマー語版で刊行する予定です。
作業環境の改善のため、トンバワティのフィールドキャンプに、新しい管理作業小屋を建設しました。また、苗木と作業員を植林地まで運搬する木造船を修繕しました。


ワゴン村で収穫されたコンニャク芋


スライスして天日乾燥しているコンニャク芋


トンバワティに新設された管理作業小屋

今後の活動予定

2018年度は、前年度に引き続き150ヘクタールの新規植林を実施する予定です。また、マングローブ森の保全活動も並行しておこないます。