Myanmarミャンマー中南部イラワジ管区の天然のマングローブ林は、1992年に炭焼きが禁止されるまで、炭生産のために伐採されたり、米の増産政策により天然のマングローブ湿地が水田に転換されたりしてきました。しかし、1994年に植林した者に30年間の森林利用権を与える「社会林業条例(Community Forestry Instruction)」が制定され、今では民間による植林が推進されています。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

パダウビンゼイ村
ロッカクヒルギ

ワコン村
ロッカクヒルギ

ワコン村
ムベンハマザクロ

ワコン村
マルバヒルギダマシ

ミャンマーでは、1999年よりNGO「マングローブ植林行動計画(アクトマン)」が、FREDA(ミャンマー森林資源環境開発協会)の協力を得て、FUG(Forest Users Group)という住民による森林利用グループが中心となり、活動を進めています。炭や米の生産のために荒廃した天然のマングローブ林を環境保全森林省森林局の住民参加型の社会林業(Community Forestry)手法により、修復再生することを目的としています。

マングローブ植林活動状況

2021年度は昨年の6つの村に、オッポクウィンチャン村、パダウピンゼイ村の2つの村を加えた、合計8つの村で植林活動を実施し、合計100ヘクタールの植林地に、30万2,500本のマングローブを植えました。住民によるFUG(ユーザーズ・グループ)からは、338家族が参加。これは昨年度と比較すると、78家族も増えています。
樹種は主にマルバヒルギダマシとロッカクヒルギです。ワパナ村とカナクウィン村では、他にもヒルギモドキとホウガンヒルギの仲間を、オッポクウィンチャン村ではヒルギダマシも植えました。2021年12月時点での活着率は非常に高く、各植林地の平均が約94%と、多くのマングローブが順調に生育しています。


ワパナ村での植林の様子


オッポクウィンチャン村で苗を運搬している様子


ンガダンセ村で実施した生存率調査後の記念撮影

植林地の様子

FREDA(ミャンマー森林資源環境開発協会)が直轄している、カチンジュン島の苗床ではマルバヒルギダマシをはじめ、多くのマングローブの苗木を養生しています。また、遠隔地にあるワパナ村とパダウピンゼイ村では、ほとんどの苗を自分たちの苗床で生産しています。
2022年3月時点で、すでにマルバヒルギダマシ約25万本、ヒルギダマシ約2万本、ロッカクヒルギ約2万本、ホウガンヒルギの仲間約4万本、計33万本の苗木が育っていて、次年度活動に十分な苗木が確保できています。
また、FREDAがこれまでの20年間(1999-2018)で実施してきたマングローブ植林活動を、「Twenty Years in Pyindaye(ピンダイエの20年)」という1冊の本にまとめるべく、作業を進めています。こちらは2022年の夏ごろに完成予定です。


カチンジュン島の苗床で発芽したマルバヒルギダマシ


ワパナ村での次年度に向けた現地調査


刊行予定の本「Twenty Years in Pyindaye」の仮表紙

今後の活動予定

2022年度は、ンガダンセ村、ワパナ村、カナクウィン村、オッポクウィンチャン村、パダウピンゼイ村、トンバワティ村の計6つの村で植林活動を行う予定です。