Thailandタイでは、第二次世界大戦後、スズの採掘、エビの養殖場や船着場の造成、炭作りなどの開発により天然のマングローブ林が伐採されてきましたが、ラノーン県ではこれまでの17年間の植林活動で大きなマングローブ林が広がっています。

マングローブ植林活動レポート

植林したマングローブの様子

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

ラノーン県 ヤエヤマヒルギ

タイでは、1999年よりNGOオイスカがラノーン県のマングローブ資源開発局の協力を得て、地元住民のみなさんの参加に重点を置いたマングローブの植林活動を実施しています。住民のみなさんはマングローブ林についての理解を深め、その大切さを実感し、多くの人が自主的に植林、補植の活動に参加するようになってきました。現在は保全活動の一環として、植林地のマングローブの種類や樹高、生物多様性などについて調査することにも力を入れています。

マングローブ植林活動状況

タイ南部のラノーン県に植えたマングローブは非常に大きく成長し、豊かな森になりました。現在は植林地の生物多様性の調査などを行っています。住民から話を聞くため、それぞれの自宅をまわり、聞き取った内容を調査に反映しています。
現在外部の専門家に調査の分析・まとめなどを依頼しています。2018年度には、報告書を翻訳したものを日本に報告できる予定です。これにより、住民たちが感覚的に話していた「マングローブが豊かになり、魚や生きものが増えた」という言葉を、裏付けることができるようになると期待されています。


2015年の植林地で、苗が順調に成長しています


住民グループが苗床で苗木作りをしている様子


マングローブ林について、住民から情報を収集します

植林地の様子

ラノーン県の植林地では、マングローブが大きな森へと成長し、さまざまな恵みが得られるようになりました。これを受けて、住民による活動参加への積極性が増しています。こうした取り組みが評価され、ラノーン県のマングローブ林と、地域住民が主体となった再生活動を総じて、世界自然遺産への登録を働きかける運動が起きています。
また、タイ国内では環境対策に注力していくことの重要性が高まっており、このラノーン県でのマングローブ再生活動が注目を集めています。そのため、企業・団体・政府関係者など、さまざまな人がマングローブ林の視察に訪れています。


2000年の植林地の様子。タコ足状に根が張っています


2002年の植林地の様子。近くで漁が行われています


村々から住民が集合しての会議/複数の村からメンバーが集合しました。

今後の活動予定

マングローブ植林地の生物多様性調査を、継続して実施する予定です。