財産に関する補償

特徴7 様々な特約(オプション)をご用意しています!

基本補償に加えてご希望のオプションをつけることができます。

基本補償+オプション

オプション1再発防止選べるアシスト特約(建物用)*1

保険の対象である建物が火災、落雷、破裂・爆発事故または盗難事故に遭い、損害保険金が支払われる場合に、下表の補償メニューの中から再発防止策をお選びいただき、その費用を補償します。*2*3

発生した事故 補償メニュー
火災、落雷、破裂・爆発
  • IHクッキングヒーターまたは火災防止機能付ガスコンロの設置
  • ガス台自動消火器、ガス漏れ検知器・警報器等の設置
  • 据付型手動消火器の購入
  • スプリンクラーの設置
  • 避雷器(電気機器への落雷防止機器)等の購入
  • 漏電遮断器の購入
盗難
  • 防犯カギ、補助錠、防犯フィルムの設置
  • ガラス破壊検知器の購入
共通
(火災、落雷、破裂・爆発または盗難)
  • 防犯・防火金庫の設置
  • 災害常備品の購入
  • 植裁の設置
  • 防犯・防火ガラス、防犯・防火シャッターの設置
  • セキュリティサービスの実施
  • 防犯カメラ・センサー装置・ブザーの設置または防犯用砂利等の購入

オプション2代位求償権不行使特約(財産条項用)

保険の対象に損害が生じたことにより被保険者が有する求償権を東京海上日動が取得した場合でも、その求償権を行使しません。*1

オプション3情報メディア損害費用補償特約

不測かつ突発的な事故によって、日本国内に所在し、被保険者が所有する情報メディア等*1に損害が生じた場合、その情報メディア等の修復、再作製または再取得するための費用に対して情報メディア損害費用保険金をお支払いします。

  • *1磁気テープ、磁気ディスク、光ディスク、フラッシュメモリ、フラッシュディスク、磁気ドラム、パンチカード等の情報処理機器で直接処理を行える記録媒体や、それら記録媒体に記録されている情報をいいます。

オプション4地震危険補償特約

以下の(1)~(3)の損害に対して損害保険金をお支払いします。

また、上記(1)~(3)で損害保険金をお支払いする場合に、損害が生じた保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用に対して残存物取片づけ費用保険金をお支払いします。

  • ご契約いただく引受方式によって、この特約の保険の対象となる物が異なります。
    • 引受方式が「基本方式」の場合は、建物のみこの特約の保険の対象とすることができます。
    • 引受方式が「特定敷地内限定方式」の場合は、建物、設備・什(じゅう)器等、屋外設備装置、商品・製品等をこの特約の保険の対象とすることができます。
    • 引受方式が「特定建物限定方式」の場合は、建物、設備・什(じゅう)器等、商品・製品等をこの特約の保険の対象とすることができます。
  • 保険金支払方式には、支払限度額の範囲内で損害額から免責金額を差し引いた額をお支払いする「支払限度額方式」と損害額に縮小支払割合を乗じた額をお支払いする「縮小支払方式」があります。
  • 保険の対象の所在地等によりお引受けできない場合があります。詳細は、代理店または東京海上日動までお問い合わせください。

ページの先頭へ

オプション5輸送中商品・製品等の補償拡大特約

商品・製品等が輸送中に下図お支払対象となる事故*1の(6)~(10)の事故によって損害が生じた場合を補償します。ただし、以下の物に生じた盗難による損害については保険金をお支払いできません。

  • (1)輸送中の一時保管場所において、建物内でない保管場所に24時間以上保管されている商品・製品 等
  • (2)高額貴金属 等
  • 商品・製品等を保険の対象とした「基本方式(建物外補償あり)」のご契約のうち、基本補償のプラン4、5、6のいずれかをご契約いただいた場合にセットできます。
  • お客様の業種に建設業が含まれる場合は、セットできません。

オプション6電気的・機械的事故の補償対象拡大特約

下図お支払対象となる事故*1の(9)電気的・機械的事故で補償される保険の対象に加えて、保険の対象である設備・什(じゅう)器等のうち、建物内に収容されており稼働可能な状態にある物についても、電気的・機械的事故によって生じた損害を補償します。

  • 設備・什(じゅう)器等を保険の対象とし、電気的・機械的事故を補償する場合にセットできます。
  • お客様の業種によってはセットできない場合があります。
  • この特約では補償の対象とならない物がありますので、詳細は代理店または東京海上日動までお問い合わせください。

オプション7風災危険設備の風災、雹(ひょう)災および雪災危険補償特約

下図お支払対象となる事故*1の(2)風災、雹(ひょう)災、雪災で補償の対象外となる街路灯、ゴルフネット等の風災危険設備について、風災、雹(ひょう)災、雪災によって生じた損害を補償します。

  • 屋外設備装置を保険の対象とした場合にセットできます。
  • 風災危険設備とは以下の物をいいます。
    • 街路灯
    • 使用期間および設置期間が年間3か月以下の屋外設備装置
    • 建築中の屋外設備装置
    • ゴルフネットその他のスポーツ施設のネット設備(ポールを含みます。)のうち建物内に収容しないもの

オプション8臨時費用補償特約

損害保険金*1をお支払いする場合に、保険の対象が損害を受けたため臨時に生じる費用に対して、臨時費用保険金をお支払いします。*2

  • *1地震危険補償特約の損害保険金を除きます。
  • *2業務用の通貨等または預貯金証書に生じた盗難による損害に対してはお支払いできません。
  • *3高額貴金属等を除く商品・製品等は、1事故につき、保険の対象ごとに100万円または「保険金額×12%」のいずれか低い額を限度とします。
    高額貴金属等は、1事故につき、保険の対象ごとに100万円または「ご契約時に設定した限度額×10%」のいずれか低い額を限度とします。

臨時費用保険金のお支払額 損害保険金×10% ただし、1事故につき、保険の対象ごとに100万円または「保険金額×10%*3」のいずれか低い額を限度とします。

ページの先頭へ

オプション9水災縮小支払特約

下図お支払対象となる事故*1の(7)水災による損害が発生した場合の損害保険金の額を実際の損害額*2より縮小してお支払いします。
十分な補償となっているかをご確認のうえ、縮小支払割合15%以上での設定をご検討ください。

  • *2残存物取片づけ費用、損害範囲確定費用、仮修理費用を含みます。
  • *3「設備・什(じゅう)器等、屋外設備装置、商品・製品等」の縮小支払割合は、「建物」の縮小支払割合以下で設定する必要があります。

お支払いする損害保険金の算出方法 損害
保険金=損害額*2×縮小支払割合-免責金額 縮小支払割合として、「建物」「設備・什(じゅう)器等、商品・製品等」
ごとに70%,50%,30%,15%,5%のいずれかを選択いただけます。*3 ※15%以上での設定をご検討ください。

お支払対象となる事故