普通期間保険

貴重な財産である船舶が「海難事故」に遭遇することによって被る損害に対して保険金をお支払いします。

商品概要

海運業や造船業といった船舶にかかわる事業を営むにあたっては、沈没、座礁、火災、他船との衝突といった危険によって大切な財産である船舶が損傷するなどの思いがけない事故に遭遇することがあります。時には他船と衝突して多額の損害賠償を要求されることも起こり得ます。このような海難事故の結果によってはお客様の事業自体に大きな影響を与えかねません。
こうした不測の事態にそなえて、お客様の皆様方がそれぞれ独自に、あらかじめ十分な財産上の備えをすることは現実的には困難であり、また不経済であるともいえます。そこで、その代りに船舶保険をご契約いただき、一定のコスト(保険料)をご負担していただくことによって、不測の事態による損害に備えていただくことが可能となります。

補償内容

船舶普通期間保険の補償内容、お支払いの対象となる損害などをご紹介します。

保険金をお支払いする主な場合

船舶保険では、船舶保険普通保険約款と、保険の種類によって異なる特別約款や特別条項、保険証券記載の規定にしたがって保険金をお支払いします。ここでは普通期間保険などで使用する代表的な特別約款について、その概要をご説明します。保険金をお支払いする範囲を定める特別約款には、船舶保険第2種特別約款、船舶保険第2種特別約款(衝突損害賠償金てん補)、船舶保険第5種特別約款、船舶保険第6種特別約款があります。これを簡単にまとめると次のようになります。

特別約款 第2種 第2種
(衝突損害賠償金てん補)
第5種 第6種


全損 対応 対応 対応 対応
修繕費(1)
1.沈没、2.転覆、3.座礁、4.座州、5.火災、6.水を除く他物との衝突 または 7.共同海損行為によって生じたもの
未対応 未対応 対応 対応
修繕費(2)
上記の修繕費(1)に加え、
8.爆発、9.地震、津波、火山の噴火または落雷、
10.荒天、11.主機、補機その他の機器の事故、
12.船体に存在する欠陥による事故、
13.荷役中の荷役作業による事故、14.船長等の故意・過失、15.修繕者または用船者の過失によって生じたもの
未対応 未対応 未対応 対応
共同海損分担金 未対応 未対応 対応 対応
衝突損害賠償金 未対応 対応 対応 対応
損害防止費用 対応 対応 対応 対応

保険金をお支払いできない主な場合

保険証券に記載された約款・条項および保険証券記載事項に規定されています。主なものは次の通りです。

ご契約のお手続きについて

船舶保険のご契約の手続きに関するご案内はこちらよりご確認ください。

ご契約の前に必ずお読みください。

こちらの"ご契約の際のご注意"は、船舶保険に共通のご注意になります。


MM00-AN03-08002-2010年3月作成