船舶建造保険

船舶建造中の事故による損害に対して保険金をお支払いします。

商品概要

船舶建造保険は、建造中の船舶およびその資材について偶然の事故により生じた造船所の損害または費用について保険金をお支払いする保険です。
保険の目的は、被保険者の所有に属する建造中の船舶およびその資材(発注者支給品がある場合はこれを含みます)のうち、航路定限内に存在するものとなります。
造船所がご契約者・被保険者となります。発注者支給品がある場合は、被保険者に発注者を追加(共同被保険者)してお引受けします。
造船契約代価(発注者支給品がある場合には、その金額を加算した額)を下回らない額で保険価額を協定いたします。
保険期間は原則として船体建造工事の作業開始日もしくは、進水(前)日を始期とし、本船の竣工引渡予定日を終期とします。なお、保険期間中であっても、船舶を発注者に引き渡したときは、その時をもって保険契約は終了します。

補償内容

船舶建造保険の補償内容、お支払いの対象となる損害などをご紹介します。
以下では、船舶建造保険特別約款に基づきご説明します。

保険金をお支払いする主な場合

保険金をお支払いできない主な場合

和文約款、I.B.C.の比較

建造保険では本項で説明している和文条件の他に英国の約款も比較的利用されています。

  和文約款 I.B.C.
保険の目的物 具体的に列挙 造船所構内にて建造中の船体及び機関(下請業者の作業所を含む)
保険価額 造船契約代価を下回らない額 同左
【てん補範囲】
  • (1)担保危険
All Risks 担保 同左
  • (2)材質上の欠陥による損害
担保(ただし、欠陥部分自体の修繕・取り替え費用を除く) 担保(ただし、欠陥による損害および欠陥部分自体の修繕・取り替え費用を含む)
  • (3)地震・噴火による損害
不担保(ただし、特約により復活担保可) 同左
  • (4)P&I
不担保(ただし、特約により復活担保可) 担保(ただし、油濁損害については進水後に生じた場合のみ担保)
推定全損の取扱い 損害発生時点の価額を基準に判定 保険価額を基準に判定

ご契約のお手続きについて

船舶保険のご契約の手続きに関するご案内はこちらよりご確認ください。

ご契約の前に必ずお読みください。

こちらの"ご契約の際のご注意"は、船舶保険に共通のご注意になります。

MM00-AN03-08007-201503