弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)
弁護士費用特約(自動車事故型)オプション

信号待ちの際に後続車両に追突される等、補償を受けられる方に責任が全くない「もらい事故」は、保険会社が示談交渉することはできません。ご自身で交渉することになります。
そこで安心なのが、弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)・弁護士費用特約(自動車事故型)です。

弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)は日常生活での事故またはご契約のお車の事故で、弁護士費用特約(自動車事故型)はご契約のお車の事故で相手方に法律上の損害賠償請求をするために負担した弁護士費用および法律相談費用に対して、1事故について補償を受けられる方1名あたり300万円を限度に保険金をお支払いします。
記名被保険者およびそのご家族は、ご契約のお車以外のお車に乗車中の事故や車外での自動車事故も補償の対象となります。

弁護士または司法書士への委任および費用の支払いに際して、事前に東京海上日動へのご連絡が必要です。

弁護士、司法書士または行政書士への法律相談および費用の支払いに際して、事前に東京海上日動へのご連絡が必要です。

弁護士等への報酬を負担した場合は、東京海上日動が別途定める上限額の範囲内で保険金をお支払いします。

これらの方が運転中の場合は、同乗者やそのお車の所有者を含みます。

開閉ご注意
  • すべてのご契約に自動セットされる法律相談費用補償特約により、上記金額とは別に、1事故について、補償を受けられる方1名あたり10万円を限度に、実際にかかった法律相談費用を補償します。
  • 対象となる費用や上限額の詳細は、「ご契約のしおり(約款)」をご参照ください。
  • 記名被保険者またはそのご家族が、補償内容が同様の保険契約を他にご契約されている場合には、補償が重複することがあります。

もらい事故とは?

「もらい事故」って例えばどんな事故?

表:もらい事故例と特約の補償範囲

表:もらい事故例と特約の補償範囲

「もらい事故」は自動車保険の賠償事故のうち、約3件に1件の割合で発生し、全国で年間約200万人の方が「もらい事故」にあっていると推計されます。

東京海上日動の2018年度事故統計等から推計

弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)
弁護士費用特約(自動車事故型)の説明はこちら

ページの先頭へ

補償を受けられる方

ページの先頭へ

保険金をお支払いしない主な場合

ページの先頭へ