人身傷害保険

お車の運行に起因する事故等で生じたケガによる治療費・休業損害あるいは死亡による逸失利益・精神的損害等、補償を受けられる方1名について、過失割合にかかわらず保険金額を限度に実際の損害額(総損害額)に対して保険金をお支払いします。

ケガにより入院・通院された場合 治療費等の実費* + 休業損害 + 精神的損害 後遺障害が生じた場合 逸失利益 + 精神的損害 + 将来の介護料 + その他の損害 死亡された場合 葬祭費 + 逸失利益 + 精神的損害 + その他の損害

ケガにより入院・通院された場合 治療費等の実費* + 休業損害 + 精神的損害 後遺障害が生じた場合 逸失利益 + 精神的損害 + 将来の介護料 + その他の損害 死亡された場合 葬祭費 + 逸失利益 + 精神的損害 + その他の損害

「トータルアシスト自動車保険」の場合、原則として人身傷害保険が自動セットされます。

開閉ご注意
  • 例外として対人賠償責任保険、対物賠償責任保険もしくは車両保険のいずれかのみ、または対人賠償責任保険および対物賠償責任保険のみご契約いただく場合は自動セットされません。
  • 対人賠償責任保険をご契約され、かつ、人身傷害保険をご契約されていない場合は、自損事故傷害特約および無保険車事故傷害特約が自動セットされます。
  • 車外での自動車事故やご契約のお車以外のお車に乗車中の事故は、「人身傷害の他車搭乗中および車外自動車事故補償特約」で補償します。

記名被保険者またはそのご家族が所有または常時使用するお車等は対象外です。

ケガをして5日以上入通院したときは

ケガをして5日以上入通院したときは傷害一時費用保険金をお支払いします。
人身傷害保険により補償される事故で、補償を受けられる方の入院・通院日数が通算して5日以上となった場合に、補償を受けられる方1名について10万円または20万円をお支払いします。

傷害一時費用不担保特約をご契約の場合、傷害一時費用保険金は支払われません。

5日目の入院または通院した日が、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の場合に限ります。

傷害一時費用保険金倍額払特約のご契約が必要です。

ページの先頭へ

補償を受けられる方・補償される事故

発生した事故 ご契約のお車に乗車中の事故
ご契約のお車以外のお車に乗車中の事故
歩行中や自転車運転中の、お車との接触等による事故
ケガ・死亡された方 ご契約のお車に乗車中の方 記名被保険者およびそのご家族(記名被保険者が個人の場合のみ) 記名被保険者およびそのご家族(記名被保険者が個人の場合のみ)
人身傷害保険 補償対象 補償対象外 補償対象外
+人身傷害の他車搭乗中および車外自動車事故補償特約 補償対象 補償対象 補償対象

記名被保険者またはそのご家族が所有または常時使用するお車等は対象外です。

記名被保険者またはそのご家族がご契約のお車以外のお車*1を運転中*2の事故の場合は、同乗者も補償されます。

  • *1記名被保険者またはそのご家族が所有または常時使用するお車等は対象外です。
  • *2駐車または停車中の場合、事業用のお車を運転中の場合等を除きます。

ページの先頭へ

保険金お支払い例

例)総損害額8,000万円の事故が発生した場合

人身傷害保険あり 8,000万円を補償(保険金額が8,000万円以上の場合) ※労働者災害補償制度によって既に給付が決定しまたは支払われた場合や、相手方から賠償金が支払われた場合等は、その額を差し引いてお支払いします。 人身傷害保険なし(相手方が認定する損害額が8,000万円の場合) 相手方の過失割合60%4,800万円相手方から賠償 補償を受けられる方の過失割合40%3,200万円補償なし

人身傷害保険あり 8,000万円を補償(保険金額が8,000万円以上の場合) ※労働者災害補償制度によって既に給付が決定しまたは支払われた場合や、相手方から賠償金が支払われた場合等は、その額を差し引いてお支払いします。 人身傷害保険なし(相手方が認定する損害額が8,000万円の場合) 相手方の過失割合60%4,800万円相手方から賠償 補償を受けられる方の過失割合40%3,200万円補償なし

相手方との交渉が不安だな…

東京海上日動が相手方からの賠償に先行して保険金をお支払いすることもできますので、相手方との交渉は不要です。

相手方が無保険車だったらどうしよう…

他のお車との事故により死亡された場合や後遺障害が生じた場合で、相手方から十分な補償を受けられないときでも、人身傷害保険をご契約いただいていれば、補償を受けられる方1名について2億円(保険金額が無制限の場合は無制限)を限度に保険金をお支払いします。

ページの先頭へ

保険金額(補償を受けられる方1名あたり)の目安

補償を受けられる方の年齢や収入、ご家族の構成等をお考えのうえ、下表をご参考に、適正な保険金額(補償を受けられる方1名についてお支払いする保険金の限度額)をご設定ください。

年齢別の損害額の目安 ※有職者(75歳以上を除きます。)の平均的な損害額です。

年齢 被扶養者の有無 死亡された場合 重度後遺障害の場合
25歳 あり 8,000万円 1億5,000万円
なし 7,000万円 1億5,000万円
35歳 あり 8,000万円 1億4,000万円
なし 6,000万円 1億4,000万円
45歳 あり 8,000万円 1億4,000万円
なし 6,000万円 1億3,000万円
55歳 あり 6,000万円 1億2,000万円
なし 5,000万円 1億1,000万円
65歳 あり 5,000万円 8,000万円
なし 4,000万円 8,000万円
75歳~ あり 3,000万円 6,000万円
なし 3,000万円 5,000万円

ページの先頭へ

保険金をお支払いしない主な場合

ページの先頭へ