対物賠償責任保険

ご契約のお車の事故により、車や塀等の他人の財物を壊し、法律上の損害賠償責任を負う場合に、1事故について保険金額を限度に保険金をお支払いします。

開閉ご注意
  • 保険金額が30億円を超える場合、航空機の損壊や、ご契約のお車に積載中の危険物の火災、爆発または漏えいに起因する事故等は、30億円が限度となります。
  • 免責金額(自己負担額)が設定されている場合は、これを差し引いた額をお支払いします。
  • 相手方の財物の時価額を超える修理費をお支払いすることはできません。
  • ご契約のお車の欠陥やハッキング等を原因とする事故が生じた場合で、お客様に法律上の損害賠償責任がないときは、「被害者救済費用等補償特約(自動セット)」により被害者の方を救済するための費用を補償できる場合があります。ただし、欠陥やハッキング等の事実が下記の(1)〜(3)のいずれかにより確認できる場合に限ります。詳細は「ご契約のしおり(約款)」をご参照ください。
    • (1)リコール等
    • (2)警察、検察、消防その他の公の機関による捜査または調査
    • (3)(1)または(2)と同等のその他の客観的な事実

道路運送車両の保安基準第1条に定める高圧ガス、火薬類もしくは危険物、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示第2条に定める可燃物、または毒物及び劇物取締法第2条に定める毒物もしくは劇物をいいます。

対人賠償責任保険または対物賠償責任保険をご契約の場合に自動セットされます。

道路運送車両法第63条の2または同条の3に基づき実施される改善措置等をいいます。

相手方への損害賠償に関する示談交渉は、原則として東京海上日動が行います。

以下の場合は示談交渉できません。

以下の2つの場合は「弁護士費用特約」がお役に立ちます。

弁護士費用特約

ページの先頭へ

この保険に自動セットされる特約

対物超過修理費特約

対物賠償責任保険で補償する事故で、相手方の車の時価額を超える修理費が発生し、補償を受けられる方がその差額分を負担する場合に、損害が生じた日の翌日から起算して6か月以内に修理を行ったときに限り、差額分の修理費に補償を受けられる方の過失割合を乗じた額を保険金としてお支払いします。1事故について相手方の車1台あたり50万円が限度です。

  • 対物賠償責任保険では、相手方の車の時価額を超える修理費に対しては保険金をお支払いしません。

例) 過失割合 補償を受けられる方80% 相手方20% 相手方の車の状態 時価額60万円 修理費100万円 修理費100万円のうち時価額60万円を対物賠償責任保険で48万円(60万円×80%)を補償 修理費100万円のうち時価額を超える修理費40万円を対物超過修理費特約で32万円(40万円×80%)を補償

例) 過失割合 補償を受けられる方80% 相手方20% 相手方の車の状態 時価額60万円 修理費100万円 修理費100万円のうち時価額60万円を対物賠償責任保険で48万円(60万円×80%)を補償 修理費100万円のうち時価額を超える修理費40万円を対物超過修理費特約で32万円(40万円×80%)を補償

本特約で、差額分の修理費に補償を受けられる方の過失割合を乗じた額を保険金としてお支払いします。

  • その他、本特約が適用される特約・補償についての詳細は「ご契約のしおり(約款)」をご参照ください。

ページの先頭へ

保険金をお支払いしない主な場合

ページの先頭へ