国内の陸上における企業物流に対する保険ロジスティクス総合保険・ロジスティクスミニ保険

補償内容

保険金をお支払いする主な場合

この保険でお支払いの対象となる主な損害およびその原因は次の通りです。


火災による損害*


台風・洪水・高潮による損害


盗難・不着


破損・まがり・へこみ


輸送用具の衝突・転覆・脱線と墜落

基本条件が「オール・リスク担保」条件の場合における主な損害を記載しています。

次の場合においては、保険金をお支払いする場合を次の通り限定しております。

下表の「損害の発生事由」によって貨物に生じた損害に対してのみ保険金を支払います。
基本条件 損害の発生事由
①「オール・リスク担保」条件の場合
  • ア.冷凍・冷蔵・保冷・保温貨物等の温度管理のために使用されている機械・装置の破損・故障(保険証券記載の時間以上継続した場合に限ります。
    ただし、保険証券に時間の記載がない場合は継続した時間を問いません。)
  • イ.貨物を冷凍・冷蔵・保冷・保温等湿度管理する収容設備またはコンテナ(上記ア.の機械・装置を除きます。)の破損・故障
  • ウ.火災、爆発または輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州
②「特定危険担保」条件の場合 火災、爆発または輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州
貨物の分類 適用される保険条件
①生動物 火災・爆発または輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁または座州によって生じた1頭ごとの損害に対してのみ保険金を支払います。
②野積み貨物*1 火災・爆発または輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州によって生じた損害に対してのみ保険金を支払います。
ただし、以下ア.またはイ.に掲げる場合は該当しません。
  • ア.貨物が密閉式の金属製または強化プラスチック製のコンテナに収容されている場合
  • イ.保険契約者、被保険者またはこれらの者の使用人が、貨物が野積みされている事実を知らず、かつ、知らなかったことについて重大な過失がなかった場合
③ばら積み貨物*2 次の損害に対してのみ保険金を支払います。
  • 火災、爆発または輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州によって生じた損害または車両1台ごとの盗難によって生じた損害
  • 輸送用具・収容容器の破損による汚染・汚損・漏れ損
  • 積込み・荷卸しまたは積み替え作業の過失によって投入されるべき収容容器へと誤投入されたことによる汚染・汚損
  • 積込み・荷卸しまたは積み替え作業において使用されるホース・パイプ類からの漏出によって貨物に生じた損害(ただし、ホース・パイプ類自体の欠陥によって生じた損害を除きます。)
  • (1)①ア.、またはイ.の事由によって生じた温度変化による損害

セットできる特約

残存物取片付け費用・廃棄費用担保特別約款 保険事故によって損害を受けた貨物の残存物の取片付け費用・廃棄費用に対して、1回の事故につき200万円を限度として保険金をお支払いする特約です。
検査費用担保特別約款 貨物の損害の発生を確認するために検査を実施した結果、貨物に損害が発生していなかった場合にも、被保険者が負担する検査費用に対して、1回の事故につき200万円を限度として保険金をお支払いする特約です。
継搬費用・急送費用担保特別約款 保険事故による貨物の滅失・損傷、特定危険による輸送用具の自力走行不能、または誤配送の結果として、輸送中の貨物または代替品をその輸送開始時の目的地まで継搬または急送するための費用に対して、1回の事故につき200万円を限度として保険金をお支払いする特約です。
再梱包費用担保特別約款 この保険契約で補償の対象となる事故が発生した結果、貨物には損害はなく、梱包材のみが滅失または損傷を被った場合にも、実際に要した再梱包費用に対して、1回の事故につき200万円を限度として保険金をお支払いする特約です。
臨時費用担保特別約款 保険事故により貨物への直接的な損傷・滅失が生じた場合に、臨時に発生する支出に対応するために、1回の事故につきその保険金の10%に相当する金額または200万円のいずれか低い額を限度として保険金をお支払いする特約です。
損害賠償請求権放棄特別約款(第1種) 当会社が被保険者から代位取得した運送人等への損害賠償請求権を放棄し、運送人等への求償を行わないことを定めた特約です。

8300-AN02-07002-201709