内航貨物海上保険

商品概要

対象となる貨物

国内を海上輸送される貨物を広く対象とします。(一部、貨物の性質上お引き受けできない貨物もございます。また、船舶自体は、船舶保険等他の保険にてお引き受けいたします。また、カーフェリー等で輸送されるトラック積み貨物については前後の輸送も含めて運送保険にてお引き受けいたします。)

輸送方法

国内を海上輸送される貨物が対象となります。海上輸送の前後の陸上輸送中の危険も合わせてお引き受けすることが可能です。

保険責任の始期と終期(保険期間)

内航貨物海上保険では「A地からB地まで」というように、輸送区間によって保険期間(保険責任の始期と終期)を定めます。保険責任の始期と終期につきましては、下記の通りです。

図:保険期間

なお、積込港において貨物が輸送用具に積込まれる前の担保期間は、上記保険始期の翌日の午前0時から起算して15日間(発送地が積込港以外の地のときは30日間)を限度とします。また、荷卸港において貨物が輸送用具から荷卸しされた後の担保期間は、貨物の荷卸が完了した日の翌日の午前0時から起算して15日間(仕向地が荷卸港以外の地であるときは30日間)を限度とします。

この保険期間につきましては、輸送実態に応じて延長することができます。また、一時的な保管中の危険や機械類の解体、据付、試運転中の危険等も特約により、割増保険料をいただくことによって補償することができます。詳細につきましては、代理店または東京海上日動にご照会ください。


8200-AN02-07001-2010年5月作成