運送業者の皆さまへの、受託貨物に対する賠償責任保険運送業者貨物賠償責任保険

補償内容

基本条件

運賠には、「A種」と「B種」の2種類の基本条件があります。各々の保険金をお支払いする主な場合は以下の通りです。

A種 限定危険担保

火災、爆発、輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州によって生じた損害、および共同海損犠牲損害、ならびに盗難・各荷造り毎の紛失に起因する貨物の賠償責任

B種 オール・リスク担保

後記の「保険金をお支払いできない主な場合」に記載する損害等を除くすべての偶然な事故(共同海損行為によって生じた損害を含みます)による損害に起因する貨物の賠償責任

ただし、下記に掲げる貨物に関しては、保険金をお支払いする主な場合やお支払いする保険金の範囲について個別に定めがありますのでご留意ください。

<保険金をお支払いする場合に個別に規定がある貨物>
貨物 保険金をお支払いする主な場合
生動物 輸送用具の火災・爆発・衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁または座州によって生じた一頭毎の死亡による損害に対して保険金をお支払いします。
青果物、植物(植木、苗、生花等)、生鮮食料品、冷凍・冷蔵・保冷・保温貨物等温度管理される貨物(ばら積み貨物・生動物を除く) 次に掲げる損害に対して、保険金をお支払いします。
  • 火災、爆発または輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州によって生じた損害
  • 盗難・各荷造りごとの紛失による損害
  • 輸送用具への積込作業を開始してからその輸送用具からの荷卸作業が完了するまでの間に生じた破損・曲損・へこみ損により生じた損害
  • 次に掲げる事由による温度変化により生じた損害
    • a.温度管理のために使用されている機械・装置の破損・故障(保険証券または引受証に時間の記載がない場合は継続した時間を問いません。)
    • b.貨物を温度管理する収容設備またはコンテナ(aの機械・装置を除きます。)の破損・故障
コンテナ自体 火災、爆発もしくは輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州によって生じた損害または盗難もしくは各荷造りごとの紛失による損害に対して保険金をお支払いします。
ばら積み貨物(受荷主への受け渡しが輸送用具からタンクへの注入によって行われる貨物を除く) 火災、爆発もしくは輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州によって生じた損害または輸送用具ごとの盗難によって生じた損害に対して保険金をお支払いします。
野積み中*の貨物(仮置中の貨物を除く) 火災、爆発もしくは輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州によって生じた損害に対して保険金をお支払いします。
荷受人への受け渡しが輸送用具からタンクへの注入によって行われる貨物 保険証券または引受証記載の基本条件に加え、貨物の対象輸送用具から荷受人への引き渡しが、その貨物の保管場所として不適当なタンクへの注入により行われたことによって生じた、その貨物の混油・汚染損害に対しても保険金をお支払いします。ただし、そのタンク内に既に存在していた貨物または荷受人の施設に関し、被保険者が損害賠償責任を負担することによって被る損害に対しては、保険金をお支払いできません。
<お支払いする保険金が制限される貨物>
貨物 保険金を
お支払いする場合
貨紙幣・有価証券(金・銀・白金類の地金を含む) 1梱包あたり10万円が限度となります。
貴金属、宝玉および宝石、宝飾品(時計、アクセサリー類を含む)、書画、骨董(こっとう)、彫刻物およびその他の美術品 1個または1組あたり10万円が限度となります。
<対象貨物から除外される貨物>
  • 遺体
  • 個人の家財については、ご契約の際に保険の対象から「除外する」旨申告いただいた場合のみ、本保険の対象外となります。

ページの先頭へ

オプションで追加できる補償

各種特約

貨物の損害に伴う各種の費用や、貨物の荷卸・積込中に第三者に損害を与えてしまったことによる賠償責任についてもオプションで補償を追加することができます。この場合、特約の追加および割増保険料が別途必要となります。

第三者賠償責任担保特約 受託した貨物(商品)の搬入等の運送業務遂行中に、誤って受託貨物以外の商品を破損させてしまった場合や、受託した貨物をトラックから荷卸し中に落下させてしまい通行人にケガをさせてしまった場合などに、被保険者が(貨物の所有者以外の)第三者に対して負う法律上の賠償責任に対して保険金をお支払いします。
  • 協力会社が負う賠償責任も対象となります。ただし、貴社が協力会社に委託した運送業務遂行中に発生した事故にかかわる損害に限ります。
  • 借用したフォークリフト自体の損害も対象となります。ただし、リース契約、レンタル契約その他の賃貸借契約に基づき他人から借りている場合は除きます。
残存物取片付け費用・廃棄費用担保特約 輸送中に追突事故を起こし、路上に貨物を散乱させてしまったために取り片付け費用が掛かった場合や、貨物を落下させてしまい修復不可能なほど破損してしまったため廃棄費用が掛かった場合などに、これらの費用についてお支払いする特約です。実額払であり、支払限度額は、1回の事故につき200万円が限度となります。なお、保険証券または引受証記載の免責金額は適用されません。
臨時費用担保特約 受託した貨物に一度事故が発生すると、貨物そのものの損害だけでなく、様々な費用が発生します。そのような費用に対し、臨時費用保険金をお支払いする特約です。定額支払いであり、支払い保険金の10%または200万円のいずれか低い額をお支払いします。なお、保険証券または引受証記載の免責金額は適用されません。
継搬費用・急送費用担保特約 輸送用具に事故が発生して積載していた貨物を仕向地に輸送するために追加で発生した費用や、積載していた貨物に損害が発生したために代替品を急送するために必要となった費用、誤配送によりその貨物を本来の仕向地へ急送するために必要となった費用に対して保険金をお支払いする特約です。実額払であり、1回の事故につき200万円が限度となります。なお、保険証券または引受証記載の免責金額は適用されません。
  • 誤配送に係る回収費用も補償致します。
検査費用担保特約 損害の発生の有無などを確認するために実施した検査費用に対して、結果として損害が発生していなかった場合であっても、検査費用をお支払いする特約です。実額払であり、支払限度額は、1回の事故につき200万円が限度となります。なお、保険証券または引受証記載の免責金額は適用されません。

8300-AN02-09002-2012年9月作成