損害サービスの流れ

運送保険・ロジスティクス総合保険

お支払金額の計算例

[例]

新品の冷蔵庫2台(仕切り状価額:各5万円)を載せ、納入先に向かっていたトラックが走行中に電柱に衝突し、冷蔵庫が破損してしまいました。修理費用見積りをとったところ、1台は破損状態が酷く修理不可能、もう1台は3万円で修理が可能でした。以下の保険条件で支払われる保険金はいくらになるでしょうか?

<保険条件>
特約:ロジスティクス総合保険特約
免責:1万円
保険金額:仕切り状価額
[計算式]
(1)5万円+(2)3万円-(3)1万円=7万円
[補足]
  • (1)[例]の事故では、原則として冷蔵庫の現状回復費用である修理費用がお支払の対象となりますが、1台は修理不可能であったため、全損となります。従いまして、保険金は仕切り状価額である5万円となります。
  • (2)修理可能な場合、仕切り状価額の範囲内で修理金額がお支払対象となります。従いまして、もう1方の冷蔵庫についての保険金は3万円となります。
  • (3)免責(お客様の自己負担額)は、1回の事故について1回適用されます。従いまして[例]では免責1万円が適用されます。

上記は弊社が作成した架空の事故例であり、過去に実際に発生したものではありません。

8300-MG01-09005-2009年6月作成