ニュース&トピックスTOKIO MARINE Topics

貨物や船舶に関わる最新の物流情報をお届けします。

2020年

No.203 (2020年5月)
【続報】新型コロナウイルスによる物流への影響

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で380万人を超え、死者は26万人を突破しました。米国に次いで英国の深刻化が顕著となっており、感染者数は約20万人、死者数は約3万人となっています。本号では各国における物流への影響を中心にお伝えします。

No.202 (2020年5月)
【続報】新型コロナウイルスによる物流への影響

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で324万人を超え、死者は23万人を突破しました。最も被害が大きな米国ではこれまでに約105万人が感染し、死者も6万人を超えています。本号では各国における物流への影響を中心にお伝えします。

No.201 (2020年4月)
【続報】新型コロナウイルスによる物流への影響

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で294万人を超え、死者は20万人を突破しました。最も被害が大きな米国ではこれまでに約95万人が感染し、死者も5万人を超えています。一方で、イタリアでは7週間継続してきた行動規制を5月4日から緩和する計画を発表しました。本号では各国における物流への影響を中心にお伝えします。

No.200 (2020年4月)
新型コロナウイルス感染拡大に伴う欧州各国での民事訴訟への影響

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で270万人を超え、死者は19万人に達しました。累計死者数では最も多い米国に次いで、イタリア、スペイン、フランス、イギリスと欧州各国が続きます。感染拡大防止のため厳しい外出制限が継続することにより、欧州の民事訴訟手続きにも大きな影響が出ておりますので、本号では、弊社にて欧州各国における対応につき調査を行った内容をご紹介いたします。

No.199 (2020年4月)
【続報】新型コロナウイルスによる物流への影響

4月21日時点で、コロナウイルスの感染者数は240万人以上、死者数は16万人を超えました。国別の感染者数では、アメリカが75万人と最も多く、次いでスペインで19万人、イタリアで17万人となっています。世界各地で外出制限が行われており、本号では物流への影響を中心にお伝えします。

No.198 (2020年4月)
【続報】新型コロナウイルスによる物流への影響

4月13日時点で、新型コロナウイルスの感染者数は世界全体で約182万人、死亡した人は11万人を越えました。日本においても、政府は7日に東京、大阪など7都府県に緊急事態宣言を発令しました。本号では世界各地における物流への影響を中心にお伝えします。

No.197 (2020年4月)
新型コロナウイルス感染拡大に伴う米国での民事訴訟への影響

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で156万人を超え、死者は9万人に達しました。米国では累計の死者数がスペインを抜いて1.6万人に達し、感染拡大防止のため厳しい外出制限が継続しています。訴訟大国である米国においても、感染拡大深刻化に伴い民事訴訟手続きに大きな影響が出ております。本号では、弊社にて連邦および各州における対応につき調査を行った内容をご紹介いたします。

No.196 (2020年4月)
【続報】新型コロナウイルスによる物流への影響

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で130万人を超え、死者は7万人に達しています。国・地域別で死者数が最も多いのはイタリア、スペイン、米国と続き、これらの3か国で世界の死者数の半数以上を占めています。本号では世界各地における物流への影響を中心にお伝えします。

No.195 (2020年4月)
【続報】新型コロナウイルスによる物流への影響

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で93万人を超え、死者は4万6千人を突破しました。米国が感染者数21万人と世界最多でイタリア、スペインと続いており、WHOは数日間で世界での感染者数が100万人に達するとの厳しい見通しを示しています。本号ではアフリカ諸国における物流への影響を中心にお伝えします。


保険を検討のお客様へ